白い不等式 (角川文庫 緑 357-28)

  • 17人登録
  • 3.25評価
    • (0)
    • (1)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 眉村卓
  • KADOKAWA (1981年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (214ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041357286

白い不等式 (角川文庫 緑 357-28)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  二人の中学生が、異次元にトリップしてしまうという設定。その世界が、未来なのだが一見江戸時代風というのが面白い。

     その世界の、3つの階層のトラブルに巻き込まれる二人だが、元々が別の世界から来たということで、最後はあっけなく元の世界に戻されてしまう。

     以前読んだ『まぼろしのペンフレンド』でも感じたように、状況設定が終わり、恐怖感あるいは緊張感をあおるだけあおっておいて、最後は少しはぐらかされた感があります。

     筆者も、主人公の言葉を借りて最後の方に書いていますが、自分たちは当たり前と思っている世界も、少し別の角度から見るとおかしいということが、あるのかもしれない。それは、時代であったり、国籍であったり…確かに、そうだなあ。

全1件中 1 - 1件を表示

眉村卓の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

白い不等式 (角川文庫 緑 357-28)はこんな本です

ツイートする