戦いの肖像 (角川文庫 緑 362ー5)

著者 :
  • KADOKAWA
3.33
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 12
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (346ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041362051

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 前半ハードボイルド、後半ドタバタSFというよくわからないジャンルのエンタテインメント小説。

    元レーサーでチャンピオン。フランスで傭兵となって野望をいだいて日本に帰ってきた男、水島。野望の実現のために、現金輸送車の強奪を計画する。

    という、前半部分と、東和銀行(実在しない銀行)から裏金を頂戴する後半の初めまでは、ハードボイルドアクション作。そこまでも、なかなか誰も裏切らずにストレートに物事が成功していくため、読んでいて逆に不安になる。

    さて、宝石強奪からがこの本の醍醐味であるハチャメチャぶりが展開されるわけで、このあたりはご一読いただきたいとだけ書いておく。

    とにかくメチャクチャ。筒井康隆のドタバタを見ているような気分になります。

    ☆は2つしかつけてないけれども、一部の人にとっては☆4くらいの価値はあるかな。少しでいいから、人間のドロドロも描いてほしかったな。

全1件中 1 - 1件を表示

大薮春彦の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×