血の抗争 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (268ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041362877

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ひまだから読んでみた。

    平均数十ページほどの短篇集でパラパラと読める。
    すべての話が少し古臭く感じる。
    そして終始ハードボイルドな感じだった。
    すべての話が暴力的な話で、作中の世界は共通して治安が悪い、本当に日本かよと突っ込みたくなる。
    読む価値はないと思う。読むだけ時間の無駄たった。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1935年香川県出身。早大在学中に『野獣死すべし』を発表、鮮烈なるデビューを飾る。その後、『蘇える金狼』『汚れた英雄』など、数多くの名作を生み出す。1996年没。

「2019年 『蘇える金狼 完結篇』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大藪春彦の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×