餓狼の弾痕 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
2.17
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 21
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (416ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041362907

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 汚職政治家から裏金を巻き上げる組織の物語。ひたすら政治家の用心棒とメイドを射殺→政治家と愛人を拷問→愛人を爆殺を繰り返す。ラスト辺りはただのプロットだけで進む。よく出版できたなと思う。文庫本に解説が無いのも頷ける。文庫に落とすのなら解説に山本弘を呼べば良かったのではないかと思う。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1935年香川県出身。早大在学中に『野獣死すべし』を発表、鮮烈なるデビューを飾る。その後、『蘇える金狼』『汚れた英雄』など、数多くの名作を生み出す。1996年没。

「2019年 『蘇える金狼 完結篇』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大藪春彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×