殺し屋たちの烙印 (角川文庫)

著者 :
  • 角川グループパブリッシング
3.50
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 17
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041362969

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 面白い

    作品の紹介
    ここに描かれたものは犯罪ではない。野望の詩である。目的のためには、何にも屈しない闘う者たちの魂の叫びである。そして、欺瞞に満ちた現実に別れを告げ、運命の扉を開かんとする男たちの静かな怒りの炎、その輝きである―。圧倒的なパワーを放射し続けてきたハードボイルドの巨星が描破した、原石ともいえる煌めきに満ちた初期短編集。

  • 大藪氏の初期短編だそうだ。長編作家という認識だったため、軽い認識相違だったが、これはきっと画家にとってのデッサンのようなもので、わきあがるアイデアにしっかりとした下地を施しつつも、将来の長編の肉付けされていくものなのかもしれないと、いくつものストーリーを楽しんだ。

  • ハードボイルド短編集。
    女の怖さを知りました。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1935年香川県出身。早大在学中に『野獣死すべし』を発表、鮮烈なるデビューを飾る。その後、『蘇える金狼』『汚れた英雄』など、数多くの名作を生み出す。1996年没。

「2019年 『蘇える金狼 完結篇』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大藪春彦の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×