大都会 (角川文庫 (3398))

著者 :
  • 角川書店
3.60
  • (1)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (312ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041365052

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「ホテル1泊10万円、サラリーマンの2ヶ月分の給料」なんていう表現が出てくるので、さぞかし古いのだろうと思って調べてみたら、なんと森村氏の1967年のデビュー作だそうである。登山と家電企業の熾烈な競争を2本柱のテーマに、デビュー作でも近作と同じように緻密な取材と知識に裏打ちされた盤石なストーリーで、自ずとどんどんのめり込んでしまう。推理小説を期待していると、株価操作などの経済ネタに面食らうかもしれないが、そこがこの作品の醍醐味とも言える。しかし少々辟易とするのは、女絡みの描写が異常に多いところか。あと、80年代以降のリベラルな森村誠一では考えられない主婦論なんかを展開しているところも、小さい見どころであります。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

一九三三年、埼玉県熊谷市に生まれる。五八年、青山学院大学英米文学科卒業。ホテル・ニューオータニに勤務し、六七年退社。六九年『高層の死角』で江戸川乱歩賞、七三年『腐蝕の構造』で日本推理作家協会賞、七六年『人間の証明』で角川小説賞、二〇〇三年に日本ミステリー文学大賞、〇八年『小説道場』で加藤郁乎賞、一一年『悪道』で吉川英治文学賞を受賞。著書に『運命の花びら』『棟居刑事のガラスの密室』『棟居刑事の黙示録』『戦友たちの祭典』など多数。公式ホームページのアドレスは、http://www.morimuraseiichi.com/

「2018年 『棟居刑事の追跡 新装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大都会 (角川文庫 (3398))のその他の作品

森村誠一の作品

ツイートする