白の十字架 (角川文庫 緑 365-51)

著者 :
  • KADOKAWA
2.75
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 15
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (523ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041365519

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 森村誠一の本は初めてだったけど、かなり長編のわりに話に入り込めて読めました~。

    ヒマラヤに情熱を捧げる男が、仲間を置き去りにして自分だけ登頂を目指したために仲間を死に至らしてしまったという、大きな十字架を背負っていく生き様と、刑事の妻が不倫をして外で逢引してる間に、見知らぬ男に不倫の相手が殺され、自分は犯されて、しかも身籠ってしまった。という、すっごい二つの設定が上手く絡み合ってます。

    ミステリーのなのにドラマ性の高い内容で、ミステリー物として読むとちょっと物足りない気がするけど、ドラマ物として読むならミステリーが程よく絡んでて面白いと思う。

    登山というものには全く興味ないけど、この本を読んで「山を愛する者」の凄さはヒシヒシとわかってきたし、主人公の津雲の背負った十字架の重さは大変だったのだろうなぁ。と想像つく。

    津雲だけでなく、不倫をした美緒も、加害者であり被害者であって、それぞれが自分の過ちによって自分の人生を捻じ曲げられ十字架を背負っていかないといけないのね。

  • 証明シリーズまた出たという噂で誤買した本。オチは面白くなかった。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

青山学院大学卒業。
10年に及ぶホテルマン生活を経て作家となる。
1969年『高層の死角』で江戸川乱歩賞、
1972年『腐蝕の構造』で日本推理作家協会賞を
受賞するなど社会派ミステリーの
第一人者として活躍する。
2004年日本ミステリー文学大賞、
2011年『悪道』で吉川英治文学賞を受賞。
推理小説、時代小説、ノンフィクションまで
幅広く執筆するなど著作数は400作を超える。
2005年に出版した「写真俳句のすすめ」で
写真俳句の提唱者として広く認知される。
写真俳句連絡協議会の名誉顧問を務め、
写真俳句の普及と後進の育成に取り組んでいる。

「2021年 『表現力を磨く よくわかる「写真俳句」 上達のポイント』 で使われていた紹介文から引用しています。」

森村誠一の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×