新版 悪魔の飽食―日本細菌戦部隊の恐怖の実像! (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.43
  • (36)
  • (62)
  • (114)
  • (22)
  • (5)
本棚登録 : 666
レビュー : 81
  • Amazon.co.jp ・本 (311ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041365656

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ぼくはどうしてわざわざ自分の時間を使って、こういう読んで楽しくない本を読むのだろう。731とか南京虐殺は捏造だとか、大東亜戦争は正しかったのだとかいう本を読んでいたほうがずっと楽しいのではないかと思うこともある。

    ひと一人の力なんか微々たるもので、ぼくがいくら本を読んだところで、もしこの国が戦争を始めようと言い出したら止められないだろう。もし世界が傾きだしたとしたら、みんなで力を合わせればなんとかなる、とも思っていない。
    ただひとつ、確実に選べる未来があるとしたら、おれはあっち側じゃなかった。断じてそうではなかったんだ、と言い張って(誰も聞いていないとしても)死ぬことだな。たぶん、それだったら選べる。

  • 信憑性が問われているらしいが…個人的には記録の全てが大袈裟な嘘であればいいと思う。細菌で、角材で、毒ガスで、凍傷で、爆弾で、焼夷砲で、真空で、銃弾で…2日に三体、人がマルタと称され尊厳を剥奪されて人体実験の上で殺されていた記録。731部隊による、ナチスと変わらない残虐な所業。

    戦争というのは本当に集団狂気なのだな…

  • 抑止力としての事実録。著者が小説ではないといってる以上、小説ではないだろう。嘘っぱちだとたたかれてるようだが、作品中に作者のコメントが入る本は、筆者が真剣に書いた、その熱意が溢れ出てしまってると個人的には感じる。100%事実ではないだろう。実際はこんな非道なことはなかったのかもしれない。しかし、海外では犠牲者数が3000ではなく15000と記録されているため、この本の記述を超える真実もあり得るのだろうと思うと、やはり読んでよかった。

  • ここに書かれてあることを客観的に裏付ける証拠は何もありません。731部隊の研究記録はアメリカが押収しましたが、2005年に公開しました。中身は日本政府が従来述べていたように、通常の防疫の研究に過ぎなかったことがわかりました。
    著者は著名な作家・森村誠一ということですが、実際に書いたのは下里正樹という日本共産党の人間で、慰安婦問題における吉田清治のような人物です。
    本書のインチキは多くの歴史家によって暴かれており、Wikipediaにざっと目を通すだけでも分かるはずです。
    発禁になったとか書いてる人もいるし・・・。この日本で本が発禁になるわけないでしょう。
    はっきり言って、とっくに嘘がバレている本書のような本に騙されてるお人好しの人がこんなにたくさんいることのほうが、本書で731部隊がやったとされていることよりよほどコワイです。

  • 本当にあったことなのか?
    と思うほど現実離れしていて、実感が湧かない。ただ知らないよりは、知るべき内容だと思う。

  • 2010年4月

  • 世界で最大規模の細菌戦部隊(通称石井部隊)は日本全国の優秀な医師や科学者を集め、ロシア人・中国人など三千人余の捕虜を対象に、非人道的な数々の実験を行った。

  • 現代に覗いた恐るべき素顔◆特集軍事区域◆残酷オンパレード◆暗黒の小宇宙・七三一◆七三一はなぜ「悪魔」なのか◆人間への跳躍◆細菌戦のノウ・ハウ◆悪魔の姉妹・一〇〇◆飽食の日々◆日本陸軍の私生児◆仮面の"軍神"◆七三一崩壊す◆軍神は甦らせてはならない◆七三一の意味するもの

  • "第二次世界大戦の歴史に埋もれた関東軍第731部隊の実態を探った本。
    青木冨貴子さんの「731」を読んだ後にこの本を読むと、調査対象との距離感の違いが鮮明にわかる。
    青木さんは、調査対象との距離を適度に保ちながら、客観的に読者を誘う。一方本書の森村誠一さんは、自らの思いが強すぎて主観を至る所にちりばめた感がある。
    当事者が当時感じたことなのか、筆者の思想なのかがわかりにくい。巨悪な集団を告発するというスタンスで、洗脳のように筆者の感じたことが繰り返し聞かされることになる(終章で「戦争という集団狂気の中」では、俯瞰したコメントを残しているが、本編では終章のスタンスでかかれたところは少ないような気がした)。また、論理的につながらない文書もあり、本書が発行された当時もマスコミのネタとなり、いろいろなことがあったそうだ(序文から)。
    ただ、この本に書かれていることを調べ上げた森村さんの努力には本当に頭が下がる思いを持った。"

  • おおよその概要は知っていたが、あらためて読んでみた。
    凄惨。
    こんなことが、実際に行われていたかと思うと、また、それが検証されずに隠蔽されていることを考えると、肝が冷える。
    もっとも、731部隊については、大嘘であるとの批判も根強い。太平洋戦争では、日本は国土を焼かれた犠牲者であるという認識を持つ人も多いと思う。
    しかし、戦争を仕掛けたのは日本であるとの認識は、さまざまな社会的な背景はあったにせよ、きちんと理解しておいたほうが良い。同時に、731部隊という集団が実在していたことも、知っておいた方が良い。この時の知見や技術を持って、戦後、沈黙しながら権益を享受した者たちがいたことも忘れてはならないと思う。

全81件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1933年埼玉県熊谷市生まれ。青山学院大学卒。9年余のホテルマン生活を経て、1969年に『高層の死角』で江戸川乱歩賞を、1973年に『腐食の構造』で日本推理作家協会賞を受賞。1976年、『人間の証明』でブームを巻き起こし全国を席捲、『悪魔の飽食』で731部隊を告発して国際的な反響を得た。『忠臣蔵』など時代小説を手がけ、精力的な執筆活動を行っている。2004年、第7回日本ミステリー文学大賞を受賞。デジカメ片手に俳句を起こす表現方法「写真俳句」も提唱している。2011年、講談社創業100周年記念書き下ろし作品『悪道』で、吉川英治文学賞を受賞する。2015年、作家生活50周年を迎えた。

「2019年 『悪道 最後の密命』 で使われていた紹介文から引用しています。」

新版 悪魔の飽食―日本細菌戦部隊の恐怖の実像! (角川文庫)のその他の作品

森村誠一の作品

新版 悪魔の飽食―日本細菌戦部隊の恐怖の実像! (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする