幸せは白いTシャツ―オートバイの詩・夏 (角川文庫 (5554))

著者 :
  • 角川書店
3.34
  • (2)
  • (8)
  • (17)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 93
感想 : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041371145

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 旅行に持っていく本を探していて、本棚から数十年ぶりに手にした。十代のとき片岡義男を夢中で読んだ。バイクの免許はまだなかった。いま読み返しても、ワクワクした。仁美のような女の子に出会ったら、可愛くてしかたがないだろうな。タンク・ロリーのドライヴァーがご馳走に誘う気持ちがよくわかる。オイラが若い時分に仁美に出会えたら、好きになってしまうんだろうな、太刀打ちできないのに。

    三好礼子の写真を見ながら小説を読む。久しぶりの感覚が楽しかった。小説の枠を越えようとする勢いを感じる。角川文庫が元気だったなあ、そう言えば。

  • 著者の文章にはやや説明しすぎる印象があるものの、主人公の真っ直ぐな生き方や人との爽やかな接し方が、夏を舞台に鮮やかに描かれ、好ましい。

    二十歳そこそこの彼女は、二年くらいかける予定で、オートバイで日本中旅をする。
    旅先での過ごし方や見知らぬ人々との交流、そのいずれもが彼女の人物像を一層輝かせる。
    その場限りで通りすぎてしまいがちなシーンの一つ一つに、彼女は、実にさりげなく、誠実な足跡を残してゆく。

    とりわけ惹かれるのが出会う人々との接し方。
    人見知りしない伸びやかさと年齢に見合った潔さ、そして過不足のない明晰な受け答え…そのすべてにおいて“清潔な弁え”がある。
    相手と真っ直ぐに向き合う凛とした若さは、まさに真新しい“白いTシャツ”そのもの。

    彼女や彼女の両親の“グッドアイデアはいつも賛成”というスタンスと、三津子さんの“肯定的に楽しみにしてればいいのよ”という言葉は、これから、事あるごとに私を勇気づけてくれることだろう。

    幸せは、日々の姿勢の中にある…そんな気持ちにさせてくれた作品。

    • shin-obirikaさん
      shionさんの感受性の豊かさ、それを言葉で表現できる表現力の豊かさには、いつも惹かれます。
      ただただ青春時代の思い出の小説を紹介させて頂...
      shionさんの感受性の豊かさ、それを言葉で表現できる表現力の豊かさには、いつも惹かれます。
      ただただ青春時代の思い出の小説を紹介させて頂いただけなのに、こんなに丁寧に読み、かつ、レビューを書いてくださったことに感激を覚えます。
      ありがとうございました。
      2010/05/18
    • aida0723さん
      「幸せは、日々の姿勢の中にある」
      いい言葉だなって思います。
      「幸せは、日々の姿勢の中にある」
      いい言葉だなって思います。
      2017/03/18
  • 若い頃、バイクを乗せた北海道行きのフェリーで読んだ。
    なのでほんとうは、30年近く前になるね。

  • 学生の頃に読みました。オートバイが自由の象徴の様に思ってました。湿り気のない文章とマッチして片岡ワールドにはずいぶんのめり込みました。

  • 2012/01/09読了

    私の理想がまさしくコレだなあ
    オートバイで、宛てもなくふらりと旅をして。その先で知り合った人と、手紙のやり取りとかして
    大切なものが増えてく、そんな旅路。
    それはかつて私の父が実践した旅だ。
    今ではこういうことって出来にくいんだろうなあ。便利になるたびに自由がどんどん失われていくのね。
    仁美、私と同じ読みをする名前―が、旅先で出会う景色や人々。仁美の父母の、友達になるためのお別れ
    穏やかな時間がゆったりと過ぎ去っていく。そんな小説でした。
    ああ、オートバイ。時間も欲しい、自由が欲しい。自由になりたい。そう思ってしまうよ。この小説を読めば。

  • 私の手もとには、現在だけがあるのです。そして、その現在は、とても素敵です。

  • オートバイと旅。そして夏。
    熱海の宿で読み終えた。


    ----------
    20210316 三度目の再読

    「メイン・テーマ」に出てきた北原仁美の物語。オートバイの旅で出会う人々。両親の仲の良いままの離婚。

    彼女がいつも持ち歩いているバインダーをトラベラーズノートに脳内変換して読むとたまらないものがある。

    描写が映像視点で、心理描写がほとんどないのが逆に良い。映画を見ているような気分。最後に仁美が今の気持ちを手紙に書くところでグッと来た。

    -----
    『美枝子さんと弘太郎さんは、これからどうなるのでしょうか。楽しみです。期待しています。私は、どうなるのでしょう。ふりかえるほどの過去もありませんし、あてにする将来も、いまのところないのです。私の手もとには、現在だけがあるのです。そして、その現在は、とても素敵です。』
    -----

    写真もとてもいい。夏と旅とオートバイ、まさにそんなイメージ。電子書籍版には文庫には収められていない未公開写真も入っていて、これらがまたとてもいい。

    片岡らしいエピソードや描写があちこちに。これをひとり旅の道中で起きるさまざまなこととして楽しめるか、気障ったらしい小説と取るかで、片岡作品が合うか合わないかがわかるリトマス試験紙のような作品ではないか。

    また再読したくなる作品だ。

  • 20180815
    久し振りにバイクに乗ってどこかに行きたくなりました。

  • オートバイ小説
    図書館予約2013/5/6

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始める。74年「白い波の荒野へ」で小説家としてデビュー。翌年には「スローなブギにしてくれ」で第2回野性時代新人文学賞受賞。小説、評論、エッセイ、翻訳などの執筆活動のほかに写真家としても活躍している。『10セントの意識革命』『彼のオートバイ、彼女の島』『日本語の外へ』『万年筆インク紙』『珈琲が呼ぶ』『窓の外を見てください』『いつも来る女の人』『言葉の人生』ほか多数の著書がある。

「2022年 『これでいくほかないのよ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

片岡義男の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×