彼女から学んだこと (角川文庫 緑 371-43)

著者 :
  • KADOKAWA
3.31
  • (2)
  • (2)
  • (11)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 45
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (186ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041371435

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • さまになった外観は、ひとつのシーンをつくるだけではなく、内面への愛のきっかけとなりうるのだということを初めに教えてくれたのは、彼女なのだ。

    -----
    短篇とも呼べないような散文の連続は、小説というよりもひとつの風景やふとした瞬間を切り取った写真を言葉を使って丁寧に表しているのでは、というような印象を受けた。著者が自分自身でもくり返し写真やカメラのことを書いているのもうなづける。収録されている中道順詩の写真もデザイン的な視点で撮られた写真がほどんどで、ワンシーンを切り取っているという意味では、この作品に非常にマッチしている。

    言葉を使って何かを表現することはもちろん簡単なことではないが、この人の小説を読むときれいな言葉を使って表現することはもっともっと難しいことのように思える。ただの「お洒落なラブストーリー」ではないことは確かだ。

  • 非常にバブルの匂いのする短編集ですが、
    相手の誕生日に、その日一日の自分のスケジュールが書かれた一ページを破ってプレゼントにする話は、忘れられないかっこよさでした。

  • 夏になったら片岡義男が読みたくなる。
    こんな女いないよ、と思いながらも、いたらいいよな、と思ってしまうのが男の心情。

  • ちょっと時代がかっているかな。バブルっぽいというか。でも、読んでいるうちに「彼女」に憧れ、そういうオトナの女性になりたいと思っている自分がいた。
    バイクには乗らないけど、それ以外は、まぁまぁ近いかな?うそ?!(2006.11.13)

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始める。74年「白い波の荒野へ」で小説家としてデビュー。翌年には「スローなブギにしてくれ」で第2回野性時代新人文学賞受賞。小説、評論、エッセイ、翻訳などの執筆活動のほかに写真家としても活躍している。『10セントの意識革命』『彼のオートバイ、彼女の島』『日本語の外へ』『万年筆インク紙』『珈琲が呼ぶ』『窓の外を見てください』『いつも来る女の人』『言葉の人生』ほか多数の著書がある。

「2022年 『これでいくほかないのよ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

片岡義男の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×