ラストシーンの出来ばえ (角川文庫)

著者 : 片岡義男
  • 角川書店 (1986年3月発売)
2.92
  • (0)
  • (2)
  • (9)
  • (1)
  • (1)
  • 31人登録
  • 1レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (242ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041371459

ラストシーンの出来ばえ (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • いつものような短編集。
    でも少しいつもと違う読後感だったのが、逆にこの本の評価を上げた気がする。
    その違和感の元となったのは、買う前にパラパラと見たときにも気付いた登場人物、特に男の口調。
    今まで読んだ作品の中で、男が女に対して命令形の話し方をしたのをそういえば見たことがないかもしれない。そんななか、今作品ではちらほら命令形での台詞が見られた。
    それでも嫌な気分にならなかったのはそれ以上に女性が強かったから。
    多くの話に女性が2人出てくるが、それぞれがお互いに負けない自意識を持っていて、それでいて対立せずに認め合える。
    それが男である作者の勝手な理想であろうと、私はかっこいいと思う。

全1件中 1 - 1件を表示

片岡義男の作品

ラストシーンの出来ばえ (角川文庫)はこんな本です

ツイートする