すこしだけ白、すこしだけ黒 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 25
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (260ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041371589

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 短篇集全部が大人の三角関係かと思ったら、いきなり「少年、夏、オートバイ、少女」の王道な組み合わせが!その2篇がとてもよかった。あとは空想の中で作り上げた姉が現実となり三角関係が完結するストーリーも良い。

    #1 んー、ふつう。3人の正三角関係を予想できるぐらいには片岡作品を読んでいる。

    #2 話としては好みではないが、若き日の姉をはさんだ三角関係はおもしろい。

    #3 空想の姉が現実となる。これはおもしろい。男の理想か(笑)。ラストの浴衣のイメージ良い。

    #4 #3と同じ空想の女性。でもイマイチ。

    #5 ここで突然、夏、少年、オートバイ、少女もの。ずっと大人の三角関係かと思ってた → 男女2-2の組み合わせ。花を買うシーンよい。百合子と家族−サマーウォーズがちょっとダブった。p151-152のくだり良い。「うわーい」←めずらしい。p169最後の行と科白ぴったり収まる。これでラストとは思わなかったので驚いた。

    #6 あまり好きではない。ラストの事故は何を意味するのか。

    #7 これは良い。夏、少年、少女、オートバイ。四人の関係が徐々に変化していくのもおもしろい。寝てはいないのもいい。この場合は寝てたら台無しだ。ラストの水を浴びて西瓜のくだりが夏の夕方を強烈に増幅している。著者との会話もいい。少年とオートバイの関係について。そして最後の締めくくり。

    #8 んー、これはふつうかな。

    --------
    八編の短編が収録してある短編集だ。これ以前の短編集である、『嘘はほんのり赤い』『私は彼の私』『微笑の育て方』などとおなじ流れのなかにある。
    「スポーツとほんの気晴らし」「オートバイが走ってきた」などが、この短編集にとっての基調だろうか。ひとつのストーリーが終わるごとに、「著者との会話」という短いインタヴューが添えてある。
    ------

  • あー、まさにタイトル通り、少しだけ白くて少しだけ黒い印象というか余韻が残るわねー。それにしてもお洒落ね。この本は何もない話じゃなかった。少なくともドラマチックだった、どれとっても。でもどーしてそういう行動になるの?と思うことは多いいけど。『結婚以上』と雰囲気似てるのよ。なんか混ざっちゃう。事故を見てバイクに乗ろうと思っちゃうとか……分からん。若者との会話がなければ片岡さんの真意とはほど遠い解釈しちゃうよ。架空の女性をつくり上げる話とかストーリーはオナジなのに中身が違うとか……やっぱりうまいというべきなんでしょう。'90

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1939年生まれ。74年「白い波の荒野へ」で作家デビュー。75年「スローなブギにしてくれ」で野性時代新人文学賞を受賞。小説、評論、エッセイ、翻訳などの執筆活動のほかに写真家としても活躍。著書、多数。

「2018年 『くわえ煙草とカレーライス』 で使われていた紹介文から引用しています。」

片岡義男の作品

ツイートする