彼らに元気が出る理由 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.17
  • (1)
  • (0)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 22
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (195ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041371725

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ------
    一九八七年にカドカワノベルズから刊行されたものの、文庫判。彼らは自分に徹すれば徹するほど元気になっていく、という実践的な理論を軸にして、僕はこのストーリーを作った。文庫の表紙に使ってある写真は、僕が作った写真によるコラージュだ。
    -------

  • 本書は、角川文庫72冊目の片岡義男作品。

    都会で生きる男女を、いろいろな視点から描いた実験的小説。

    離婚する男女を3人称で描いた話で始まる。次は、離婚した男の1人称で語る話になる。その次は、男性の友人を主人公にした3人称の短編小説がくる。そして、また1人称で。
    快適な距離感を持った男女のつき合い方や、居心地の良い部屋の間取りのことなどが、ストーリーの中心のように語られている。彼らに元気が出る理由は、そのあたりにあるということなのだろう。
    2009年7月2日


    ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

    片岡義男の小説は感じるもの。初めて読んだら、「何を言っているのかわからない」と言われかねない。現実から、憎しみや妬み、怒りなどネガティブなものを取り除いた社会を描いているものが多く、この作品もそう。小説道における片岡流。  2008年1月25日

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1939年生まれ。74年「白い波の荒野へ」で作家デビュー。75年「スローなブギにしてくれ」で野性時代新人文学賞を受賞。小説、評論、エッセイ、翻訳などの執筆活動のほかに写真家としても活躍。著書、多数。

「2018年 『くわえ煙草とカレーライス』 で使われていた紹介文から引用しています。」

彼らに元気が出る理由 (角川文庫)のその他の作品

片岡義男の作品

ツイートする