夏から秋にかけての短編 (角川文庫)

著者 : 片岡義男
  • 角川書店 (1992年1月発売)
3.43
  • (1)
  • (1)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :34
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (202ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041371800

夏から秋にかけての短編 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • レズビアンのかたくしなやかな友情と究極の恋愛。
    寅さん映画について語り合う雨の日の4人。
    偶然で二日続いた普通のセックス。
    ステーションワゴンが作る彼女の風景。
    そして彼女から勇気を引き出す夢のような薄い下着。
    夏から秋へ。時間は消えた。
    物語がいくつか残った。

    短篇集。
    ひさびさのアタリと言っていい作品かも。
    一話目の「青いマスカラの涙」はやたらロマンチックというか、描写が綺麗。最初に持ってくるのがもったいないくらい。
    そういえば片岡作品に涙ってあまり出てこないね。
    逆に「逢いたかったのに」はシンプルな、いかにも片岡作品らしい話。
    この2話だけでも買った価値あり。
    「雨の柴又慕情」が私の好みに合わなかったかな。まぁでもこれはもともと寅さんがあまり好きじゃないからか。

  •  もう死語と化した女言葉を使った短篇が多い。
     読む価値はそれほど無い。

全2件中 1 - 2件を表示

片岡義男の作品

夏から秋にかけての短編 (角川文庫)はこんな本です

ツイートする