およね平吉時穴道行 (角川文庫 緑 375-5)

著者 :
  • KADOKAWA
3.43
  • (0)
  • (3)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (300ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041375051

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ワタクシにとっての半村良というと、この本だ。中学以来の再読だが、その1回めに読んだ時には、表題作の途中で挫折した。

    表題作はタイトルのとおり。江戸時代の発明家で戯曲家の山東京伝の資料を漁っているうちに、明らかに辻褄の合わない文言にぶつかる。そこで出てくる「およね(米)」が昭和にタイムスリップしてくる?

    ちなみに、長編ではなく、短編集。ただ、表題作も京伝について、思い入れを延々と語り尽くすため、まあ読みにくい。これこそ半村良スタイルなのだが、この歳になると読めてしまうのですが、中学生には厳しかろう。

    表題作の他にも、コピーライター/CM作家を主人公にした半村良主人公の作品が並ぶ。時に落語調であったり、ショートショートだったりするあたり、かんべむさしを髣髴とさせる。それぞれそれなりに面白いが、こう、突き抜ける程のものはないんだよね。

    最後の矢部が主人公のハードボイルドはイマイチ…。やっぱりこの人は、ハードボイルドは合わないわ。

全1件中 1 - 1件を表示

およね平吉時穴道行 (角川文庫 緑 375-5)のその他の作品

半村良の作品

ツイートする