幻視街 (角川文庫 緑 375-24)

著者 :
  • KADOKAWA
3.14
  • (0)
  • (2)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 14
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (342ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041375242

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 既読本

  • 一人称視点の短編を集めたアンソロジー。後半はショートショートなので、超短編。

    記憶もすべての持ち物も失って、能登半島に流れ着いた「俺」が、突然湧いてくる何らかの啓示にしたがって、人を殺していく。いったい自分は何者なのか。(獣人街)

    序盤に収録されている何編かは、妙に尻切れで終わっていることもあり、あれ?続かないの?と不思議な気分になる。記憶喪失の人であったり、みんなが失った一日を知っている人であったりと、アイデアがしっかりあり、そのアイデアに沿って書かれているのもわかるのだが、ちょっとわかりにくいかも。

    後半のショートショートは、逆に予想通りになるものがほとんどなので、ものすごく安心して読める。全体にかんべむさしの作風とにている。

    「ボール箱」「赤い斜線」は既読。他の短編集にも入っていた。

    前半収録作品のキレの悪さが、あんまり電子書籍でも薦められる作品集ではないかな。

全2件中 1 - 2件を表示

半村良の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×