戦国自衛隊 (角川文庫)

著者 : 半村良
  • 角川書店 (2005年1月発売)
3.34
  • (17)
  • (29)
  • (87)
  • (13)
  • (0)
  • 本棚登録 :345
  • レビュー :54
  • Amazon.co.jp ・本 (173ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041375334

作品紹介

日本海側で大演習を展開していた自衛隊を、突如"時震"が襲った。突風が渦を巻きあげた瞬間、彼らの姿は跡形もなく消えてしまったのだ。伊庭三尉を中心とする一団は、いつの間にか群雄が割拠する戦国時代にタイムスリップし、そこでのちに上杉謙信となる武将とめぐり逢う。"歴史"は、哨戒艇、装甲車、ヘリコプターなどの最新兵器を携えた彼らに、何をさせるつもりなのか。日本SF界に衝撃を与えた傑作が新装版で登場。

戦国自衛隊 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 戦国時代にタイムスリップした自衛隊の物語。近代兵器だけでなく、歴史や現代の知識も、過去では大きな”力”になるのがわかる作品で、その無双っぷりがおもしろい!

    九州大学
    ニックネーム:Seasons

  • 演習中の伊庭三尉ら自衛隊が突如戦国時代にタイムスリップし、戦国時代を近代武装で駆け抜ける。なぜか映画は見たのだが原作は読んでいなかった。映画とは別物でSF色の強い原作の方が好みです。キャラ個人の掘り下げはほとんど無く、ほとんど名前だけの羅列。細かな感情描写や状況描写もスパッと切り捨てたようなシンプルすぎる短編でここまで想像力たくましく面白く読ませてくれるのはさすがの名作。単なるタイムスリップではなく捻り方が絶妙で、史実に絡んだ事柄もニヤリとさせてくれる。歴史が彼らに何をさせたのか、オチも良い。

  • やたらめったら面白い。インタレスティングじゃなくてファニーの方。笑い転げながら読んだ。

  • 所在:紀三井寺館1F 請求記号:Browsing
    和医大OPAC→http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=87147

    自衛隊が戦国時代にタイムスリップ!

    大地震から身を起こせばそこには鉄道も国道も無く、やってきた人影はちょん髷頭!
    自衛隊によってもたらされた近代兵器は歴史を改変してしまうのだろうか。

    (※2016年12月現在、戦国自衛隊が真田丸ワールドにタイムスリップしてくれれば大阪方の大勝利だったのにな~なんて思ってる公式ツイッターの中の人)

  • 自衛隊が戦国時代にタイムスリップするSF小説。兵器などハード面での近代性よりも、戦術や地図などのソフト面での近代性を駆使して進軍していく様が重点的に描かれているのが渋い。タイムスリップし、結果歴史を変えてしまった隊員たちが迎えるラストも秀逸。

  • 有名どころ……?聞き覚えのあるタイトルと、当時映画化された作品の原案本だとのことから手に取った一冊。

    当たり前だけど……感想を一言で表すと、「SFだ(笑)」となる。

    1970年代の刊行であることを考えると、かなり“斬新”な設定だったのだろう。歴史の解釈も十分生かされつつの落としどころにもきちんと納得がいき、楽しく読めた。

    ★3つ、7ポイント。
    2006年頃の読了。
    2014.08.06.書。

    映画「戦国自衛隊1549」と、同じく映画「戦国自衛隊」(1979年作品)を観比べたのを機に、思い出してレビュー。

  • 2014年3月23日に開催された「ビブリオバトル関西大会inいこま」予選Cグループで発表された本です。

  • SF界に衝撃を与えたという肩書きは、伊達じゃない。

  • 前々から読みたかった作品。
    ちょっと期待値が大きかったからか、内容が思ったほどじゃなかったので
    この評価。
    つまらなくはないと思うよ。

  • 最後の10ページを残し断念したので、もう一度読み返してみました。タイムスリップで戦国時代に飛ばされてしまった自衛隊員のお話しです。過去の歴史に組み込まれていき、最終的にタイムパラドックスを修正するという皮肉めいた最後に「やられた!」と思いました。

全54件中 1 - 10件を表示

戦国自衛隊 (角川文庫)のその他の作品

半村良の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
伊坂 幸太郎
宮部 みゆき
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

戦国自衛隊 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする