太陽の世界 1 聖双生児 (角川文庫)

  • 22人登録
  • 4.14評価
    • (3)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 半村良
  • KADOKAWA (1983年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (273ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041375518

太陽の世界 1 聖双生児 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ラ・ムーを目指して旅をするアム族の話。はじめのうちは、独特の言葉使いとちょっと古い文章に慣れるのに時間がかかりましたが、ゆっくり物語に引き込まれていきます。

  • 失われた幻の大陸「ムー」の誕生から滅亡までの2000年の歴史を描く超大作の第1巻。
    完結まで全80巻…の筈だった。
    この作品は、半村 良氏が作品半ば(18巻)で他界された為、未完の大作となってしまった。

    もうね。
    もの凄く面白いのに、決して続きが読めないこのもどかしさ。
    余りにも悔しいので、他の方にも5点満点でお勧めすることに決定。
    お願いだから読んでください。
    そしてこのもどかしさを痛感してください。

  • この本まだ未完なのかな。学生の時読んだ。あの時は完結してなかった。

全3件中 1 - 3件を表示

太陽の世界 1 聖双生児 (角川文庫)のその他の作品

半村良の作品

太陽の世界 1 聖双生児 (角川文庫)はこんな本です

ツイートする