海峡―この水の無明(むみょう)の真秀(まほ)ろば (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.69
  • (1)
  • (7)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 35
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041376089

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 小説的エッセイ、エッセイ的小説。
    題名どおり、海峡をめぐるあれこれなのだが、
    精神病院に入院して彼岸へ行ってしまったAという青年が数回描かれる。

     恋うる夜は
     ひっそりと悪魔を焚いて充溢れている
     そのことが信仰です

    この情念の作家の詩集を出してほしいなぁ。

  • 境界なく移行する薄闇の世界。

  • 青の文字で書かれた散文詩のような物語。海人についての考察がとても興味深かった。

  • 正伝寺や源光庵の血天井を、この本にひかれて観にいきました。
    供養された血痕は静謐でした。

  • 文庫本で2冊、箱入り上製本で1冊持ってるほど好きな本。夢ともうつつともつかぬ語りですが、主人公とAの会話にせつなさ遣る瀬なさを感じます。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1933年下関生。日本大学芸術学部中退。70年「ニジンスキーの手」で小説現代新人賞を受賞しデビュー。74年『オイディプスの刃』で角川小説賞、84年『海峡』『八雲が殺した』で泉鏡花文学賞。2012年没。

「2019年 『オイディプスの刃』 で使われていた紹介文から引用しています。」

赤江瀑の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×