海峡―この水の無明(むみょう)の真秀(まほ)ろば (角川文庫)

  • 25人登録
  • 3.75評価
    • (1)
    • (7)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 赤江瀑
  • 角川書店 (1986年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041376089

海峡―この水の無明(むみょう)の真秀(まほ)ろば (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 小説的エッセイ、エッセイ的小説。
    題名どおり、海峡をめぐるあれこれなのだが、
    精神病院に入院して彼岸へ行ってしまったAという青年が数回描かれる。

     恋うる夜は
     ひっそりと悪魔を焚いて充溢れている
     そのことが信仰です

    この情念の作家の詩集を出してほしいなぁ。

  • 境界なく移行する薄闇の世界。

  • 青の文字で書かれた散文詩のような物語。海人についての考察がとても興味深かった。

  • 正伝寺や源光庵の血天井を、この本にひかれて観にいきました。
    供養された血痕は静謐でした。

  • 文庫本で2冊、箱入り上製本で1冊持ってるほど好きな本。夢ともうつつともつかぬ語りですが、主人公とAの会話にせつなさ遣る瀬なさを感じます。

全5件中 1 - 5件を表示

海峡―この水の無明(むみょう)の真秀(まほ)ろば (角川文庫)のその他の作品

赤江瀑の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

海峡―この水の無明(むみょう)の真秀(まほ)ろば (角川文庫)はこんな本です

ツイートする