タイムスリップ大戦争 (角川文庫 緑 377-17)

著者 :
  • KADOKAWA
3.54
  • (4)
  • (2)
  • (5)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 53
感想 : 5
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (294ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041377178

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 既読本

  • 豊田有恒ワールドのハチャメチャ路線である。思わずにやり。

  •  日本列島全体が大東亜戦争時代にタイムスリップするという「ファイナルカウントダウン」や「ジパング」も真っ青の設定が白眉。
    DDG第一世代の「あまつかぜ」で米艦隊を迎え撃つという点になんとも古さを感じるが、進んだ科学で米軍と戦う展開には血が滾る。

     ラストがハッピーとは言えないが、漫然と時を過ごすより短期間でも劇的に生きる方が魅力的だと感じるのは私だけではないはず。

  • 面白おかしい軽妙な展開の果てに迫って来る、どうにも逃れようのない終焉が圧巻であります。

  • さすがに古い。それなりというところ。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1938年、群馬県生まれ。島根県立大学名誉教授。若くしてSF小説界にデビュー。歴史小説や社会評論など幅広い分野で執筆活動を続ける一方、古代日本史を東アジアの流れのなかに位置づける言説を展開して活躍。著作には数多くの小説作品の他、ノンフィクション作品として『たのしく老後もはたらく生き方』(ビジネス社)、『ヤマトタケルの謎-英雄神話に隠された真実』『「宇宙戦艦ヤマト」の真実 いかに誕生し、進化したか』(いずれも祥伝社新書)などがある。

「2023年 『不思議の国 ニッポン』 で使われていた紹介文から引用しています。」

豊田有恒の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×