百億の昼と千億の夜 (角川文庫―リバイバルコレクション エンタテインメントベスト20)

著者 :
  • 角川書店
3.67
  • (4)
  • (6)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 55
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (439ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041395059

作品紹介・あらすじ

ギリシアの哲人プラトン、釈迦国の王子悉達多、ナザレの救世主イエス。彼らは世界の破滅を感知し、この世界を外から支配する超越者の存在を知る。幾千億の宇宙と人類の存亡をかけ、紀元前の過去から未来までの時空間の中で、彼らは巨大な力に戦いを挑んでいくが…宇宙の創世と終焉、神と人間、時の流れの非情さをテーマに、壮大なスケールで描く日本SF小説の金字塔。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • オールタイムベスト2位

    mmsn01-

    【要約】


    【ノート】

  • 喫茶店で隣の席に座ったおっさんがずっとブツブツ何か言ってた。というくらいの小説なので、分からなくてもあなたのせいではありません。

  • まさか阿修羅に萌えるとは

  • 世界は何から始まったのか?壮大なSF。

  • 母お気に入りのSFコミック。釈迦の時代やアトランティスから宇宙の滅亡までを描いており、スケールが半端じゃなくでかい。

全5件中 1 - 5件を表示

光瀬龍の作品

ツイートする
×