わが魂、久遠(とわ)の闇に (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 17
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (501ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041407295

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 復讐モノが読みたくって、アマゾンにて1円にて購入。

    んが、流石に20年以上も前の作品で、
    所々というか、全編通して現在読むには無理がありましたな。(言いまわしとか)



    そして、
    とにかく何かというとレイプ!
    寝ても覚めてもレイプ!

  • 81025.200

    ちょっと大藪臭のある作品。後半、話の狙いがぼけてきてなんだか面白くなかった。

  • 西村寿行先生が亡くなられたので、本棚の奥から引っ張り出してきました。
    何度読んでも面白いです。本物のハードロマンです。

    御冥福をお祈りします

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1930年11月3日年香川県出身。ハードロマンと呼ばれる作風で人気を得る。1969年にデビュー後、動物小説、社会派ミステリ、アクション小説(バイオレンス小説)、パニック小説など幅広い作品でベストセラー作家となる。代表作に、映画化もされて大ヒットした『君よ憤怒の河を渉れ』『犬笛』など。

「2020年 『癌病船応答セズ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

西村寿行の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×