滅びの宴 (角川文庫 (5640))

著者 :
  • 角川書店
3.67
  • (2)
  • (0)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 22
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (482ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041407431

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 1986 読了

  • スペクタクル場面を抑え、鼠群と政府の暗闘にウェイトをおく。都民が全国からしめ出されるあたり、良かった。テロ火災はやや大味。

    ※再読――――――――――――――――――――――――――――

    滅びの笛/西村寿行

    01/24

    鼠群の襲撃から甲府市壊滅までの圧倒的スペクタクルのうちに自然破壊への警鐘をこめる。博士像も魅力。

    ※初読→1981
    http://booklog.jp/users/5674/archives/B000J8934M

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1930年11月3日年香川県出身。ハードロマンと呼ばれる作風で人気を得る。1969年にデビュー後、動物小説、社会派ミステリ、アクション小説(バイオレンス小説)、パニック小説など幅広い作品でベストセラー作家となる。代表作に、映画化もされて大ヒットした『君よ憤怒の河を渉れ』『犬笛』など。

「2020年 『癌病船応答セズ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

西村寿行の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×