滅びの宴 (角川文庫 (5640))

著者 : 西村寿行
  • 角川書店 (1984年1月発売)
3.80
  • (2)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 15人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (482ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041407431

滅びの宴 (角川文庫 (5640))の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 1986 読了

  • スペクタクル場面を抑え、鼠群と政府の暗闘にウェイトをおく。都民が全国からしめ出されるあたり、良かった。テロ火災はやや大味。

    ※再読――――――――――――――――――――――――――――

    滅びの笛/西村寿行

    01/24

    鼠群の襲撃から甲府市壊滅までの圧倒的スペクタクルのうちに自然破壊への警鐘をこめる。博士像も魅力。

    ※初読→1981
    http://booklog.jp/users/5674/archives/B000J8934M

全2件中 1 - 2件を表示

滅びの宴 (角川文庫 (5640))のその他の作品

西村寿行の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

滅びの宴 (角川文庫 (5640))はこんな本です

ツイートする