学歴のない犬〈下〉 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.50
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 14
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (318ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041407790

作品紹介・あらすじ

青森の刑務所を脱走した四人の男たちの、鹿児島の未来の扉を目指すサバイバルゲームは苛酷をきわめる凄絶な旅だった。それぞれ孤立無援の闘いを覚悟していた伊神、拝郷、一色だったが、黒幕が放った人喰いを始めとする追跡者によって窮地に立つ度ごとに、九能に助けられた。遂には九能に"学歴のない犬"というコード・ネームを与えた-。男たちの明日なき闘いと友情を通して、生と自由の尊厳を高らかに謳い上げる、西村ハード・ロマンの記念碑的作品。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 凌辱シーンが多いのは寿行先生の味なんだろうが、自分的にはストーリー自体が面白いから要らないかなと思う。西村寿行作品の中では高ランクだと思う。

  • どんな結末だったかな。。

    また読み返してみよう!

  • ラストが・・・。残念な気が。
    最後あたりが急展開な感じを受けた。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1930年11月3日年香川県出身。ハードロマンと呼ばれる作風で人気を得る。1969年にデビュー後、動物小説、社会派ミステリ、アクション小説(バイオレンス小説)、パニック小説など幅広い作品でベストセラー作家となる。代表作に、映画化もされて大ヒットした『君よ憤怒の河を渉れ』『犬笛』など。

「2020年 『癌病船応答セズ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

西村寿行の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×