デビルズ・アイランド (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
2.67
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 10
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041407899

作品紹介・あらすじ

瀬戸内海に浮かぶ小島・黒島で、不可解な死体が発見された。場所は砂礫岩の裸地帯・北峠。死体の状況は、50メートル前後上空からの墜落死と思われた。自殺なのか、他殺なのか。もしくは事故なのか。被害者は85歳になる島の老人で、航空機やヘリコプターに乗っていた痕跡はない。また周囲には一本の高木も生えていなかった。それではどうやって…?直後、再び老婆が変死体で発見された。今度は百舌の速贄さながら、木の枝に串刺しとなっていたのだ。即日設置された捜査本部は色めき立った。そして、多くの謎を残したまま第3の犠牲者が-。人類の大罪を問う傑作幻想長編。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 不可解な殺人事件?で物語は始まるが、犯人と思しき異形の正体がどうもしっくりこないまま、ファンタジーっぽいノリからラストの大混乱……読んでいる最中は引き摺りこまれるんだけど、何か舌足らずのような気がしないでもない。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1930年11月3日年香川県出身。ハードロマンと呼ばれる作風で人気を得る。1969年にデビュー後、動物小説、社会派ミステリ、アクション小説(バイオレンス小説)、パニック小説など幅広い作品でベストセラー作家となる。代表作に、映画化もされて大ヒットした『君よ憤怒の河を渉れ』『犬笛』など。

「2020年 『癌病船応答セズ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

西村寿行の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×