愛人刑事(デカ) (角川文庫)

  • 角川書店
3.25
  • (1)
  • (1)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 25
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (317ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041422373

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • このドライブ感は、つか氏ならではのもの。
    めまぐるしい展開と奇想天外な進行。

  • つかさんらしいといえばらしいし、らしくないといえばらしくない。

    つか、「広島に原爆を落とす日」を読んでないと、「???」な部分も沢山あって、これ単体で読むのはオススメしません。

    しっかし、まったく共感できない主人公だなあ。

  • 何度か読み返したと思う。
    『広島に原爆を落とす日』を先に読んでたらもっと面白かったのかも。
    『売春捜査官』の原点を見た気がする。
    なんとなく、赤川次郎を思い出してしまった。
    つかさんにしては珍しい内容だった気もする。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1948年、福岡県生まれ。劇作家、演出家、小説家。大学時代から演劇活動をはじめ、73年『熱海殺人事件』で岸田國士戯曲賞を当時最年少の25歳で受賞。70年代演劇界に一大旋風をおこす。82年『蒲田行進曲』で直木賞受賞。現在も国内外で活発な劇作・演出活動を続ける。

「2018年 『小説 熱海殺人事件』 で使われていた紹介文から引用しています。」

つかこうへいの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×