キリオン・スレイの生活と推理 (角川文庫)

  • 58人登録
  • 2.95評価
    • (1)
    • (3)
    • (13)
    • (2)
    • (2)
  • 5レビュー
著者 : 都筑道夫
  • 角川書店 (1996年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (243ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041425039

キリオン・スレイの生活と推理 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 必読書。

  • ミステリ短編集。かなり奇妙で魅力的な謎がいっぱいです。正直、あまりに奇想天外すぎて、こんなトリック解決できるの?と思うほど。……って、実は単なる虚偽の証言で、トリックではないパターンが多いのですが。それでもなぜそのような嘘をついたか、という謎はきちんと解かれるので。がっかりはさせられませんでした。
    お気に入りは「なぜ完璧のアリバイを容疑者は否定したのか」。ミステリとしてはこれ、一番不可解な謎ですもんね。

  • アメリカ人の詩人キリオン・スレイとキリオンを居候させている青山富雄が事件を解いていく連作の推理小説。興味のままに事件に顔を出してしまうキリオンとそれを少し呆れながらも楽しんでいる富雄の掛け合いが面白いです。

  •  日本にやってきた前衛詩人キリオン・スレイが探偵役のミステリー短編集。タイトルが「なぜ自殺に見せかける犯罪を他殺にしたのか?」等、矛盾を含んだ謎で統一されており、ってコレって、タイトルだけでミステリーのつかみとしては50%くらい成功しているんじゃないでしょうか? 解説も興味深い。とりあえず私は都筑道夫氏のミステリー論『黄色い部屋はいかに改装されたか』を図書館で借りるよう予約しました。おお、面白そうじゃん!
     因みに本書では、「なぜ完璧なアリバイを被害者は否定したのか」が一番好き。(出だしのシーンが好きなのは「なぜ殺人現場が死体もろとも消失したのか」)←楽しい。

  • 論理的な推理小説を書かせたら右に出るものはなかなかいないね。それに軽妙な会話と魅力的な謎。これが凄くまとまってる感じ。もっとも素晴らしいのはこの薄さ。変な衒学趣味とかが全くなく、ストレートな推理短編になってる。よかった。

全5件中 1 - 5件を表示

都筑道夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

キリオン・スレイの生活と推理 (角川文庫)はこんな本です

ツイートする