ベロ出しチョンマ (角川文庫クラシックス)

著者 :
  • 角川書店
4.17
  • (3)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (283ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041426012

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2010.01.13. 久しぶりに読むと、また違った味わい。どの話も、心に染みる。秋田の方の方言が、いい。ありていに言ってしまえば、自己犠牲…の話が多いんだけど、全然押しつけがましくなし、ヒーローを気取ってもなくて。それは、当たり前に行われる毎日の続きみたいで。短い童話ばかり収められていて、でもその中でも異色の「寒い母」が、何より強く心に残った。それと、「毎日正月」。せつねぇなぁ。「花咲き山」、「モチモチの木」は、絵本でうちにもある。絵を見つつまた読もう。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

【斎藤隆介・著】  1917年、東京都に生まれる。明治大学文芸科卒業。1968年、短編童話集『ベロ出しチョンマ』で小学館文学賞、1971年『ちょうちん屋のままッ子』でサンケイ児童出版文化賞、1978年『天の赤馬』で日本児童文学者協会賞を受賞。ほかに『職人衆昔ばなし』『立ってみなさい』『ゆき』などの作品があり、滝平二郎氏と組んだ絵本、『八郎』『花さき山』『モチモチの木』などもよく知られている。1958年、没。

「2015年 『花さき山』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ベロ出しチョンマ (角川文庫クラシックス)のその他の作品

斎藤隆介の作品

ツイートする