海嶺〈上〉 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.90
  • (18)
  • (21)
  • (24)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 161
感想 : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (402ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041437094

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 壮大な長編小説
    日本人の真面目さと勤勉さ、そして忍耐強さを実感する

  • 今まで読んでいた三浦綾子の著作の雰囲気とちょっと違う印象。1年以上漂流されている絶望感とかすかな期待みたいなもんが、読んでるこっちにも伝わってきた。

  • 歴史的な事実に基づいているフィクションですが、ある意味驚愕のラスト。ある意味真骨頂。

  • 千利休に続き、三浦綾子の歴史小説を読了。
    この作品をよんで改めて思ったことは、三浦綾子という作家は感性が本当に豊かな人だったんだなということ。
    遠い昔、会ったこともない人の人生がいかなるものだったのか、そのときどんな思いだったのか、どんな言葉を交わしたのか、それを想像し物語りにし、読者に読ませる力がある。
    そしてそれに私が強く共感するのは、この作品の本人によるあとがきにもあるように、光のあたらない人々の人生に光りを当てているからだと思う。
    今思い返しても、感動が甦る。
    三浦作品は、私の生き方を豊かにしてくれる大切なバイブルかもしれない…

  • 読んでる間は先が気になってじゃんじゃん進むんだけど、やっぱり若干くどいかな。結構飛ばし読みだったかも。
    三浦綾子さんの本は何冊も続けて読むより、時々思い出したように読む方が良いかと思う。

    追記。
    久しぶりに再読したら、やっぱり面白かった。何だろう、このぐいぐい進んでいくストーリーテラー的なすごさ。三浦綾子のすごさは、やっぱり物語を面白く読ませる、ということなんだろう。そして必ず、読み終わった後、心の中に石を投じられているのに気づく。何かを考えさせらずにはいられない。現代にこういう作家さんがいないのがつくづく残念。

  • 江戸末期、と言っても瓦解よりもちょい時代が古い。
    そんな時期に水夫(かこ)3人が“世界”を目の当たりにする。
    歴史好きにはヒジョーに興味深い作品でした。

  • 江戸時代に、太平洋を1年2か月も漂流しアメリカに流れ着いた日本人のお話。
    どっしりと読みごたえがある。読んでよかった。

  • 江戸末期のモリソン号事件を題材にした小説。船が難破し、最後に生き残った3人がアメリカに上陸し、その後日本に戻ってくるが異国船打ち払い令によって、目の前にして祖国の土を踏むことができなかった人生を描いている。難破船上での悲惨な状況、母国に拒まれた無念さが、冷静な語り口調によってより際立っている。

  • ある人からプレゼントされた本。

    中学の時「銃口」を読んでから三浦綾子さんの
    誰かの人生を描く力に魅かれた。

    天保3年の頃千石船が出航。
    嵐にあった船は難破しつづけその中で
    次々に乗組員が死んでいく。
    上巻の終わりでは残り3人となった乗組員が
    アメリカにたどり着く。

    まだ中、下と続くのだけど既に歴史絵本や
    ネットで調べた資料も一緒に贈ってもらっているので
    結末は知ってる。

    それでも読まずにいられない彼女の文章。

  • 三浦さんには珍しい世界をまたにかけたスペクタル的でもある作品です。もし最後の3人が無事帰国していたら日本は変わったかも!?
    祖国を目の前に上陸できなかった無念さに涙します。

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1922年北海道旭川市生まれ。小学校教師、13年にわたる闘病生活、恋人との死別を経て、1959年三浦光世と結婚し、翌々年に雑貨店を開く。1964年小説『氷点』の入選で作家デビュー。約35年の作家生活で84にものぼる単著作品を生む。人の内面に深く切り込みながらそれでいて地域風土に根ざした情景描写を得意とし〝春を待つ〟北国の厳しくも美しい自然を謳い上げた。1999年、77歳で逝去。

「2021年 『残像 下』 で使われていた紹介文から引用しています。」

三浦綾子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×