夢幾夜 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.11
  • (0)
  • (1)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (162ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041437162

作品紹介・あらすじ

有意識の自分と無意識の自分が織りなす「夢」の世界。そこにいままで気づかなかった、自分の素の姿が出現することがあるのです。本書には、キリスト、ショパン、実在の作家たちをはじめ、古今東西の人々の登場するドラマチックな、本当に見た夢の数々が紹介されています。著者の心の本音、信仰心、創作の原点などが素の姿で綴られた、エッセイとはひと味ちがう、興味つきない夢日記。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 夢の話がずっと続く。
    夢だから、ある意味自由自在やり放題ではあるが、それを覚えていて書けるのは才能だろう。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

三浦 綾子(みうら あやこ)
1922年4月25日 - 1999年10月12日
北海道旭川市出身。終戦まで小学校教員を努めたが、国家と教育に対する懐疑から退職。1961年『主婦の友』募集の第1回「婦人の書いた実話」に『太陽は再び没せず』を投稿し入選。
1963年朝日新聞社による投稿した小説『氷点』が入選し、朝日新聞に同作を連載開始。1965年、同作で単行本デビュー。刊行直後にベストセラーとなり、映画化・ラジオドラマ化される代表作となる。ほか、映画化された『塩狩峠』が著名。様々な病苦と闘いながら、キリスト者として執筆を続けた。

夢幾夜 (角川文庫)のその他の作品

夢幾夜 (角川文庫) Kindle版 夢幾夜 (角川文庫) 三浦綾子

三浦綾子の作品

ツイートする