砂の殺意 (角川文庫 緑 445-2)

著者 :
  • KADOKAWA
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (338ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041445020

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • すべて女性視点の短編集。

    犯人を探したり、疑惑を持つのは大丈夫ですが
    犯罪を隠そうとする、になると、はらはらしてしまいます。
    一体どこでどうばれてしまうのか。
    嘘はいけない、というのが当然基礎ですが
    どうして黙っていてくれないのか。
    いや、そのままだと話にもなりませんけどw
    3~5話目は、そんな話ばかり。

    どれもこれも、女性の女性としての強さや心情に
    ぞっとするような、頷くような。
    とはいえ、人を試すような事は却下です。

  • あちら側の女・・・愛人が妻が、夫を殺したのでは、と疑うが妻は愛人の話から真犯人(夫の弟)にたどりつき復讐を果たす話。
    砂の殺意・・・息子が事故死した元看護師。それは昔彼女が医療事故死させた赤ん坊の母の偶然による壮大な復讐だった。
    面影は共犯者・・・夫の弟と不倫していた妻の夫が死亡する。夫は、愛人を殺そうとしていたのでは?と妻は事件を追うが、それは弟の罠で逆に夫を睡眠薬で事故死させたことを暴かれる。
    飛び降りる・・・他人批判をする郷土の有名女性が火事で子供を助けず自分だけ逃げる話。女性と不倫して死んだ男の妻が犯人。
    襲われた二人・・・愛情を図ろうと暴漢に襲われた時相手は守ってくれるのかと思った女の引き起こす愚かな事件。
    沈黙は罠・・・犯人を見た!でも言えない事情があり脅すようなことをした女がハマる話。
    だから殺した・・・殺す理由は後から作れるという話。
    最初に疑われた男が本当に犯人。
    2dk心中・・・心中は本当の心中だった話。
    秘められた訪問者・・・夫は殺人の手助けしていない!と妻は真実をさがし、実は夫は違う人間を殺していたことを突き止める。殺人ほう助罪か、殺人か。天に任せる妻。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

一九三八(昭和一三)年東京都生まれ。慶応大学在学中に長編『すれ違った死』が江戸川乱歩賞候補に選ばれる。七〇年『天使が消えていく』が再び同賞の候補になり、単行本化され作家デビューを果たす。七三年『蒸発』で日本推理作家協会賞、八九年に仏訳『第三の女』でフランス犯罪小説大賞、二〇〇七年日本ミステリー文学大賞を受賞。主な著書に『Wの悲劇』『』や「検事 霞夕子」シリーズなどがある。二〇一六年没。

「2018年 『77便に何が起きたか』 で使われていた紹介文から引用しています。」

砂の殺意 (角川文庫 緑 445-2)のその他の作品

砂の殺意 (角川文庫) Kindle版 砂の殺意 (角川文庫) 夏樹静子
砂の殺意 (講談社文庫) 文庫 砂の殺意 (講談社文庫) 夏樹静子

夏樹静子の作品

ツイートする