Cの悲劇 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.20
  • (0)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (321ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041445303

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 二時間ドラマ的な(笑)
    でも個人的にこういうノリは大好きで、サクサクとあっという間に読み終わってしまった。
    読んでいる間は楽しいけど、3日経ったら内容を忘れてしまうかもしれない。。。

  • C=Computer.生保会社のシステム開発にまつわるミステリー.

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

一九三八(昭和一三)年東京都生まれ。慶応大学在学中に長編『すれ違った死』が江戸川乱歩賞候補に選ばれる。七〇年『天使が消えていく』が再び同賞の候補になり、単行本化され作家デビューを果たす。七三年『蒸発』で日本推理作家協会賞、八九年に仏訳『第三の女』でフランス犯罪小説大賞、二〇〇七年日本ミステリー文学大賞を受賞。主な著書に『Wの悲劇』『』や「検事 霞夕子」シリーズなどがある。二〇一六年没。

「2018年 『77便に何が起きたか』 で使われていた紹介文から引用しています。」

Cの悲劇 (角川文庫)のその他の作品

夏樹静子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
東野 圭吾
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする