神狩り (角川文庫 緑 446-1)

著者 :
  • KADOKAWA
3.57
  • (1)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (261ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041446010

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 言語構造から<神>の存在を探り当てるとは!SFの設定にしても、なかなかないアプローチで斬新。この作品だけでは未完というしかないが、続編が出ているようなので期待。

  • 2010/2/3購入

  • はじめてこの本を通して山田正樹さんを知りました。

  • (2007.3)

  • 日本のSFに目覚めた一冊。Part2はどうなった?

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1950年、愛知県生まれ。作家。74年、『神狩り』でデビュー。『最後の敵』で日本SF大賞、『ミステリ・オペラ』で本格ミステリ大賞・日本推理作家協会賞を受賞。著書に『宝石泥棒』『人喰いの時代』他、多数。

「2022年 『ここから先は何もない』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山田正紀の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
宮部 みゆき
宮部 みゆき
東野 圭吾
宮部みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×