殺人配線図 (角川文庫 緑 454-8)

  • 24人登録
  • 3.64評価
    • (2)
    • (3)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 仁木悦子
  • KADOKAWA (1981年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (214ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041454084

殺人配線図 (角川文庫 緑 454-8)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 中学生の時に読んだのが忘れられなくて、大人になってから文庫で手に入れた本。
    推理の課程とどんでん返しの楽しさを知った本でもある。

    「たからのちず」が好きな人にはおすすめかなー。

  • 吉村は大学時代の友人塩入哲夫に出会った。
    哲夫は彼の家に住む従姉みどりがノイローゼ気味だという悩みをうちあける。
    原因はみどりの過失で父卓之助が転落死した事によるものだった。
    当時の話に不審を抱いた吉村はみどりの父の死の真相を探るために、塩入邸に向かうことになった...

全2件中 1 - 2件を表示

仁木悦子の作品

殺人配線図 (角川文庫 緑 454-8)はこんな本です

ツイートする