枯葉色の街で (角川文庫 緑 454-9)

  • 23人登録
  • 3.20評価
    • (2)
    • (0)
    • (7)
    • (0)
    • (1)
  • 3レビュー
著者 : 仁木悦子
  • KADOKAWA (1982年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (246ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041454091

枯葉色の街で (角川文庫 緑 454-9)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 仁木悦子さんの作品は全て心が温まり、懐かしく切ない気分になる。
    大の大人が恥ずかしいけど。
    古本屋にはこまめに行くようにしないと。
    出版社はこんな本を再発したらいいのに…

  • これは、長編のミステリー小説だった。しかし、あっという間に読み終わってしまった。話の世界に引き込むのが上手いように思う。後から考えてハッ!としてしまう内容で不思議な怖さがある。

  • 次郎が夕方商店街を歩いていると弟の良三に似た青年がぶつかってきた。
    次郎が家に帰ると内ポケットに札入れがはいっており、中には8枚の名刺がはいっていた。次郎は札入れの持ち主を捜そうとその中の一人的村文夫を訪ねていく...

全3件中 1 - 3件を表示

仁木悦子の作品

枯葉色の街で (角川文庫 緑 454-9)はこんな本です

ツイートする