紀州 木の国・根の国物語 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.80
  • (10)
  • (9)
  • (15)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :154
  • レビュー :17
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041456118

作品紹介・あらすじ

新宮、古座、吉野-。神話と伝説、そして敗者の地、故郷・紀州。その自然の核を探り当てたい。生の人生を聞きたい。地霊と言葉を交わし、美しさのおおもとを見たい。漁業組合で、製材所で、食肉センターで、この土地に生まれ、生活する人々の声を求め、中上は歩き廻り、立ちどまり、また歩く。「差別」という物の怪は、まだこの地をさすらっているのか。鋭い視線で半島をえぐる旅を記録した、ルポルタージュの歴史的快作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 鬼らが跋扈する「鬼」州、霊気の満ちる「気」州、中上氏の原点である紀州を巡るルポタージュである。彼が問うたのは自身の源流と紀州サーガであり、それらを霧のように包む被差別と非差別を解き解し、剥き出しの本質を探り出そうとしている。作中の突然の屠殺願望などは、中上氏のなかに眠る「濁った高貴な血」の放出なのかもしれない。

    紀伊半島は紀伊山地を挟み近畿至近にありながら隔世感がある。私自身串本に観光へ行ったことがあるが勉強不足でその隣に「枯木灘」があることも知らなかった。その「路地」で育った(いわゆる部落)中上氏は、紀州の溜へ足繫く通い、血脈と被差別について推敲を重ねる。

    ルポタージュという形式でありながら、ドキュメンタリーのような周到な準備と緻密な取材があるわけではないが、時々の出会いと発見に触れ、自身の思考を醸成していく過程が興味深い。

  • 紀州に横たわる漂泊者と非人の歴史。私が産まれた頃にはリアルだった歴史の残像。東日本にいると全く理解出来ない、この皮膚感覚。
    分からないから読むのですよ。

  • 2017年9月10日に紹介されました!

  • どこかで紹介されているのを見て、いずれ読んでみたいと思っていた中上健次ではあるが…重かった。他の作品に手を伸ばす気には今はちょっとなれないけど、いずれじっくりと読んでみよう。

  • 「紀州」を散文化する試み。というのも、否が応にも紀州には物語や詩(うた)が溢れているから。熊野の森や海のみならず、差別でさえすぐに、1つの旋律をなしてしまう。しかしそのために失われてしまう紀州という現実がある。そこで中上健次は旅に出た。人一倍物語に塗れた身を禊ぐべく。

  • こう、並べて読んだからかもしれないが、上記の天皇百話、下巻にこの中上の文章が入っていないことが不満に思えるほど、天皇制、差別構造、それらの総体としての日本を考えるときに、この本は必読書なのではないか?80年代初頭という時代を背負っていることは確かだが、現代に生きる我々から地続きの場所から発せられている言葉(戦争と現代をつなぐ時代の言葉、ということもできる)が、特に後半部分で重く低く響く。

  • 中上健次を初めて読んだ。
    「地霊」というのか、なんというのか…「穢れ」と「神聖」は隣り合わせなのだ。隣り合わせなのに、相手を否定しないと成り立たない。
    ただただ、「すごみ」を感じる。すごまれるとすくむしかない。これは相手に対する恐怖でない、何か荘厳なものへの気持ちなのだ。いや、すくむのではない。ある、いる、という事実を認知することだけが必要なこと。あたりまえのことをあたりまえにすればいい。ただ、それだけのことだ。

  • 小説ではなく、ルポというかドキュメンタリーというか、ノンフィクションの紀行文です。中上の故郷・紀州の被差別部落の人々から聞き書きした「語り」中心の構成になっていますが、作者がここでは小説の書き方はしないというようなことを意識しているにも関わらず、表現が詩的&抽象的すぎて逆に幻想譚めいてくる不思議。直接的な言葉や、具体的な地名を書けないという制約がもしかしてあったのかもしれませんが、かえって差別の現状は伝わり難いような印象を受けました。ただ、こういう試みがなされたこと、方言そのままの生の声のようなものが書き留められたことにはそれなりの意義があると思います。差別について考えるためというよりは中上作品への理解を深めるためのツールとして読んでおくべきかも。

  • ルポと小説の間の「物語り」とでもいうのか。
    こういうかたちの作品は貴重だと思う。
    読みながら何かに触れているような手応えがあった。

  • こんな日本語、平伏すしかない。
    なにこの迫力。
    読後、これまで読んだ中上作品をたまらない気持ちで再読した。

全17件中 1 - 10件を表示

紀州 木の国・根の国物語 (角川文庫)のその他の作品

中上健次の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

紀州 木の国・根の国物語 (角川文庫)に関連するまとめ

紀州 木の国・根の国物語 (角川文庫)はこんな本です

紀州 木の国・根の国物語 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする