麻雀放浪記(二) 風雲編 (角川文庫 緑 459-52)

著者 :
  • KADOKAWA
3.61
  • (31)
  • (17)
  • (76)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :261
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041459522

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • なんか福本絵になってる。
    1の青春編の方が熱い。ドサ健と出目徳が良すぎた。
    青春編よりも増して、出てくるやつはゴトか詐欺しかしないところが見所。
    なるほどなあ、と毎回感心。

  • 購入者:治(2012)今回は実践編
    パイ活字も多いので麻雀知っている人は読みやすい
    麻雀知らない人は、アメトーク麻雀芸人のDVDを見れば基本の
    勉強が出来ます。博打は場と口に負ける!
    2012、11月26日返却

  • いいね!

  • 疲労と手傷がお互いに残る。大きい勝負というものはそんな形でしかケリがつかないものだ。勝った方も負けた方も最後には同じような姿になる。無法社会に生きる者たちの勝負の純粋さがそこら中に散りばめられた作品。

  • しょっぱなの薬中の話から、大阪でだまされ、その上をいくようにだまし、京都の寺の坊主を完膚なきまで潰すところまで。
    ぬるい世界にいることをこばむとこういう所で身を削らないといけないのかとうすら寒い思いがする。
    中盤、ぎっちょのおっさんが奈落に落ちていく様が怖かった。
    きっと世の中にはこういう世界があるんだろうと思った。
    そしてちょっとだけ魅力を感じた。博打はしないけど勝負事は好き。

  • 坊やの人間関係や人間としての成長もそうだが、戦後の日本の復興とそれに伴う「麻雀」の変化がおもしろい。

全6件中 1 - 6件を表示

麻雀放浪記(二) 風雲編 (角川文庫 緑 459-52)のその他の作品

阿佐田哲也の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フランツ・カフカ
東野 圭吾
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

麻雀放浪記(二) 風雲編 (角川文庫 緑 459-52)を本棚に登録しているひと

ツイートする