ドサ健ばくち地獄 (下) (角川文庫 (5835))

著者 :
  • 角川書店
3.46
  • (6)
  • (14)
  • (24)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 126
感想 : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041459652

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 喰うか喰われるか、とことんまで破滅に追い込む博打。読んでいて息苦しくなる。

  • 200

  • 昔読んだ本

  • ドサ健のむちゃくちゃぶりは、常軌を逸脱しておるね。
    登場人物の末路が、すべて悲しい。

  • 我慢くらべのようにして競い合って、櫛の歯が一本一本欠けていく様子が生々しかった。
    ようするに、非情に淋しい。
    昆虫同士の戦いみたいに容赦が無く真剣なんだけど、本当にそれだけで、どうにも寒々しい。
    あまりにも荒涼としているから、枯れ草の一本も愛嬌に思えるレベル。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

本名・色川武大。1929年東京生まれ。東京市立三中中退。1961年に自伝的小説『黒い布』で中央公論新人賞受賞。『麻雀放浪記』など麻雀小説はペンネームで発表。本名で発表した短編小説「百」は川端康成賞を受賞した。1989年死去。

「2008年 『雀鬼くずれ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

阿佐田哲也の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部みゆき
フランツ・カフカ
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×