牌の魔術師 (角川文庫)

著者 :
制作 : 黒鉄 ヒロシ 
  • 角川書店
3.43
  • (3)
  • (7)
  • (17)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 60
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (279ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041459683

作品紹介・あらすじ

終戦間もない、昭和二十年代。巷では、驚異的な技術を誇るプロのイカサマ師たちが、その悪魔のような腕を競いあっていた。"二の二の天和"、エレベーター、ガン牌、三色爆弾、切返し…。「麻雀放浪記」の坊や哲と、"牌の麻術師"たちとの息詰まる死闘の数々。麻雀の面白さ、勝負の醍醐味を味わい尽くせる不朽の名作が、今、時代を超えて新装刊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 魅力ある人間像、好きな人には。

  • どれも大人しめの作品だった.敵を応援しすぎ.
    「留置所麻雀」みたいなすかっとするのを最後に持ってきて欲しかった.
    この人は語り手=主人公をヒーローにしながら自虐を持ってくるのが面白い.
    最後の「南の三局一本場」のオチも面白いけど本の最後に持ってくるのは違う.

  • 短編集

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

阿佐田哲也(あさだ てつや)
1929年3月28日 - 1989年4月10日
色川武大が麻雀小説を記すときの名義。作家として知られる。東京市牛込区(現・東京都新宿区)矢来町生まれ。旧制第三東京市立中学在学時、勤労動員で工場で働いている最中、同人誌を作っていることが露見して無期停学処分を受ける。終戦後に中学を中退、アウトローに身を投じた。その経験を活かし、後年業界紙記者などを経て執筆活動に身を投じた。のちに阿佐田哲也名義で『天和の職人』、そして様々な形で映画化・漫画化された『麻雀放浪記』シリーズを執筆。2019年4月、斎藤工主演・白石和彌監督により映画化。

牌の魔術師 (角川文庫)のその他の作品

牌の魔術師 単行本 牌の魔術師 阿佐田哲也

阿佐田哲也の作品

ツイートする