小説兜町 (角川文庫 緑 463-25)

著者 :
  • KADOKAWA
3.67
  • (1)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (424ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041463253

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 高度経済成長期真っただ中、活況と沈滞を繰り返し膨張する証券市場で場を張る男たちを描く。振り切った「The 昭和」が面白い。旧弊の一任勘定と自己売買で株取引を行い愛人を囲って破産すれすれまで勝負を賭ける。いまの法律と常識だと完全アウト。主人公の山鹿は当時の日興証券株式部長をモデルにした半ノンフィクションのようだが、逆に現代から見ると完全にフィクションの世界だ。

    為替変動相場制もなくデリバティブもなければ、ましてや金融工学もない。ゆえに株取引ではなく大戸の「相場」というセリフが印象的だ。ある意味シンプルな世界だけに時々相場の真理めいた哲学が秘められている。経済の主役が資本家から企業家に移っていった象徴的な時代が描かれた経済小説である。面白い。

  • 入社以来2年間を地味な事務作業で過ごしていた山鹿は、株式市況の悪い昭和29年4月、新設された投資信託販売特別班長の一人に抜擢された。独自の発想と勘で農協や信金などの雑金融機関から大口の注文を集め抜群の実績を上げる。さらに神武景気の端緒を見抜き造船株一本に賭けて‥‥

全1件中 1 - 1件を表示

清水一行の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×