やがて笛が鳴り、僕らの青春は終わる (角川文庫 緑 478-3)

  • 30人登録
  • 4.00評価
    • (4)
    • (2)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 三田誠広
  • KADOKAWA (1982年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (242ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041478035

やがて笛が鳴り、僕らの青春は終わる (角川文庫 緑 478-3)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 未読。オーケンが高校時代に読んだって書いてたよ。オレも読もう。

  • 三田誠広さんの青春小説です。もう何回も読みましたが読むたびに新しい感動を胸に抱きます。なんかこう「青春」というものを噛み締めます。人を好きになって、もだえ苦しみ、また成長するという過程が大好きです。

    この本の続編ともいえる「エロイカ協奏曲」も好きな作品です。1回目は面白くないと感じましたが2回目に読むと味が出ます

  • プレーの状況の説明や描写はラグビー経験者をうならせるほどの内容。

  • フィクションもノンフィクションもサッカーや野球に比べるとかなり少ないラグビー本。このご紹介の本は小説なんだけど丁度高校生の時読んだもの。

    グッとくるね。大学4年生の物語でね。オイラはたまたま不良少年の更生方法としてラグビーを始めたから大学行ってまでやるなんて考えてもみなかったから、考えさせられたものだった。

    三田誠広氏は「いちご同盟」とかうちの学校の図書室にもあったな。

  • ラグビーに青春をかけた学生達の話。高校時代、W大ラグビー部の大ファンだったほとはらは、この小説が大好きだった。ラグビーの詳しいルール説明が巻末についているが、ルール知らないと面白さも半減かも。

全5件中 1 - 5件を表示

やがて笛が鳴り、僕らの青春は終わる (角川文庫 緑 478-3)のその他の作品

三田誠広の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
伊坂 幸太郎
村上 春樹
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

やがて笛が鳴り、僕らの青春は終わる (角川文庫 緑 478-3)はこんな本です

ツイートする