ジェラシー―恐怖を喚ぶ六人の女 (角川ホラー文庫 10-2)

著者 :
  • KADOKAWA
2.40
  • (0)
  • (1)
  • (7)
  • (4)
  • (3)
本棚登録 : 41
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (243ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041480281

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 読始:2008,2,20
    読了:2008,2,21

    短編集
     ?ジェラシー
     ?ビデオテープ
     ?鍵
     ?電話の女
     ?髪
     ?マンション

    全体としてホラーかどうか?は怪しい
    サスペンスの方が近いかも

    一番興味深いのが?マンション
    あるマンションの四階の住人の一日を描いただけの作品
    単身赴任中の夫、誕生日パーティ中に彼氏をとられる人、三角関係から殺人を犯してしまう人、些細な行き違いから婚約までしていたのにな人…
    殺人を犯し遺体を切断して捨てやすくしている過程は描かれているのに、その後どうしたかは描かれていない
    途中の異臭についてもちょと触れられてるが、だからどうということもない
    なんか中途半端な感じ

    まぁ今までの角川から出てた恋愛とは違う種のものだとは思う
    (だからこそ角川ホラーで出てるんだろうけど)

  • 全然怖くない。角川ホラー文庫で出す意味あんのかしら。

  • ホラー短編。全6話。

    あれ?前回はおもしろかったのに今回は・・・。話の根底にある、作者の言いたいことっていうのはとってもいいとこついててよくわかる。だけど、それがあまりうまく恐怖と結びついてないから、あんまりホラーって感じがしないなぁ。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

著書に
『恋時間』三笠書房
『職員室』日本文芸社
『変身願望』祥伝社
『恋愛会話』新潮社
『29歳のクリスマス 下』新潮社
『29歳のクリスマス 上』新潮社
『ない!』角川書店
『恋愛前夜』角川書店
『キス・フレンド』角川書店
『ジェラシー 恐怖を喚ぶ六人の女』角川書店
『殺人者K』双葉社
『恋愛映画』新潮社
『ルージュ 恐怖を運ぶ六人の女』角川書店
『世界で一番ロマンチックな海』角川書店
『恋愛前夜』角川書店
『Love(ラブ)』双葉社
『スローモーション』角川書店
『ハッピー・バースディ・トゥ・ユー』角川書店
『恋しても』角川書店
『夜も昼も』角川書店
『飛び出せ!青春』径書房
『恋愛ゲーム』角川書店
など

「1988年 『飛び出せ!青春』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鎌田敏夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×