墓地を見おろす家 (角川ホラー文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.34
  • (73)
  • (124)
  • (209)
  • (54)
  • (25)
本棚登録 : 1051
レビュー : 155
  • Amazon.co.jp ・本 (330ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041494110

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 日本人にも、こんなホラーが書けるんだ、と思った。スティーブン・キングを思わせる作品。
    一家が買った待望のマンションは、…。
    小鳥の急死にはじまる怪異は、徐々にペースを上げて、人々を襲っていく。そもそも墓地に囲まれたいわくありげなマンション、いくら安くても買うもんじゃない。なぜこの一家を狙ったのか、最後の住人だったからなのか、やはり逃れることはできなかったのだろうか。結局怪異の正体は何にも明かされず、恐怖の結末を想像させるところで終わる。

  • 期待はずれなことに、超常現象系でした。「黒い家」が自分的に大好物だったから、同じ系統でよく似た物語を、と思って探して、で、これがそこかしこでオススメされていたから、それなら是非、ってことで手に取ったんだけど…霊的なものは要らないす。映画で観ると怖いのもあるけど、そういう場合たいてい、突然の大音量とかで怖くなる、っていうパターンだし。本だとそういう映像・音響表現が出来ない分、不利だとは思うけど、それにしてもこっち系に対する感度、すこぶる低いです、わたし。あらためてそれを実感した次第。まあそういう人に向けて、主人公には徹底的に現実主義の人間を設定したんだろうけど、たいして変わりありませんでした。もう、ガチの霊系は結構です。

  • 最後まで真実は明らかにならなかったが、それはそれで不気味で良かったかな。と思う。
    でも、引越業者など全く関係ない人達まで巻き添えにされ、燃やされて消えてしまう部分は、現実離れしすぎていると感じた。

  • じわじわと追い詰められていく主人公一家、非常に怖かったです。

    派手なスプラッタシーンや、突然何かが「バーン!」みたいな事はないのですが、じわじわ~じわじわ~と追い詰められるのがほんとに怖い!!哲平も美紗緒もかなり現実主義で冷静なので、文章も冷静なんですが、なんか怖い!!

    後になって考えてみると(考えなくても)、かなり突っ込み所は満載で、気になる点もいっぱいなんですが、読んでる最中はそんなことどうでもいいぐらいに怖いし先は気になるしで一気読みでした。

  • 墓地を見下ろすマンションに引っ越してきた加納一家。家族は父、母、娘、犬、小鳥。そして最初に小鳥が死ぬ。この時点でけっこう不気味なものを感じさせます。ああ次に犬、娘と小さい者から順にいくのかなと。
    しかしすぐに紹介される夫婦の馴れ初めがかなり不快なものなので、ここで幸せな家庭が壊される不条理さというよりも因果応報的な楽しさも求め始めてしまう。
    終盤までにいくテンポが悪い気がするし、ホラーにありがちななんでそういう行動取るの?というのが多いのでちょっとスラスラとは読めなかった。
    結局亡霊どもがなんでマンションの人間を攻撃するのかなどもはっきりしてほしかったしね。墓荒らされたからだけってなんかなあ。

  • 何が怖かったって、図書館で借りたこの本に、髪の毛がたくさんはさまってたこと。

  • もともと、恐い本は好きなのですが、

    暑くなってくると、ますます読みたくなります。

    背筋がゾクッ。。。とするのが、なんともいえぬ快感(笑)



    墓地が見える新築マンションを、格安で購入した哲平一家。

    しかし、次々と不吉な出来事が起こる。。。。

    飼っていた文鳥が変死し、テレビには怪しい影が映り。。。

    地下室には不穏な空気が漂い、エレベーターは突然止まり。。。


    どれも、「気のせい」で済ませようと思えばすむことなのだけれど、

    やっぱり、何かが変だ。。。と、

    気づき始めた住民たちが引っ越していく。

    そして、哲平たちも引越しの準備を始めたとき、

    恐ろしい事態に陥るのだった。。。



    じわじわと、恐ろしさが迫ってきます。

    そして。。。最後の最後で「ひゃぁ~!」と絶叫してしまいそうでした。


    蒸し暑い夜にどうぞ、ひんやりします。

  • ホラーおすすめ作品というとよく名前が上がっている作品なので読んでみたかった。
    上品な印象でした。
    オリャ!これでもか!これでもか!みたいなのも良いけど違和感が静かに盛り上がるこういう感じも良い。
    ラスト近くは思いのほか物理的な感じでした。

  • こうした「日常が奪われる」ホラーは、不気味なものの存在を「あえてはっきり見せずに予感させること」と、それらしさを「限りなく抑えること」(科学的に説明できるかどうかのギリギリの現象にとどめる)が逆に怖さを誘うと思う。
    その意味では、「階段の通じていない(エレベーターでしか行けない)地下室」の存在はそれだけで何かが起こることを予測させる怖さがあったし、実際に主人公の娘がケガをしてエレベーターが急に動かなくなった辺りまではゾクゾクとただならぬ気配を感じてとても面白かった。
    しかし、主人公一家が閉じ込められたり、建物に近づく人が焼き殺されるとかはさすがに突飛すぎて、笑ってしまう。こうなるとB級ホラーだなという印象になってしまうような。結局「彼ら」が何をしたいのか、また主人公一家が狙われる理由もよくわからなかったが、ラストの落としどころは得体が知れず、悪くなかった。

    また、これは本筋に関係のない感想だが、主人公の夫が人間的にとても酷い奴(自分のせいで自殺した前妻への物言いが酷過ぎる。それでも人間か)で、怖い目に遭ってざまぁ見ろと思ってしまったのも、「助かってほしい」と願う気持ちを半減させた要因かもしれない。

  • 私は幽霊モノよりサイコホラーなんかの方が俄然好物なのです。
    しかしコチラは典型的な幽霊モノなのにトイレ、お風呂に行けず眠れなくなる程度に怖かったです。

全155件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1952年東京都生まれ。成蹊大学文学部卒業。89年「妻の女友達」で日本推理作家協会賞(短編部門)、96年『恋』で直木賞、98年『欲望』で島清恋愛文学賞、2006年『虹の彼方』で柴田錬三郎賞、12年『無花果の森』で芸術選奨文部科学大臣賞、13年『沈黙のひと』で吉川英治文学賞を受賞。その他の著書に、『二重生活』『無伴奏』『千日のマリア』『モンローが死んだ日』などがある。

「2017年 『異形のものたち』 で使われていた紹介文から引用しています。」

墓地を見おろす家 (角川ホラー文庫)のその他の作品

小池真理子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

墓地を見おろす家 (角川ホラー文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする