名探偵はひとりぼっち (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
2.89
  • (1)
  • (3)
  • (18)
  • (4)
  • (2)
本棚登録 : 100
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041497111

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 酒井健一、N高校の一年生。不治の病の美少女との空想の恋物語を友達に喋ったことから家出。そして、現実の美少女と出会い、大冒険が始まった! ニセ札事件に巻き込まれ、殺人が…。青春ラブミステリー。
    .。☆。.。☆。.。☆。.。☆。.。☆。.。☆。.。☆。.

  • 木曜ドラマストリートで、風見慎吾と宇紗美ゆかりがやっていました。宇紗美ゆかりが健康的過ぎて、白血病には見えないよと思いながら見てた気がする。当時小学生だった私は、江戸川乱歩の少年向けシリーズを読み終えて、次に赤川次郎にいきました。この本のように主役が学生のものは小学生もOKですね。(結構ブラックなのとかやらしい表現が多いのもあるけど)

  • S.60.8.31読了。
    初めて読んだ赤川次郎。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

赤川 次郎(あかがわ じろう)
1948年、福岡県生まれ。76年『幽霊列車』でオール讀物推理小説新人賞を受賞しデビュー。以後続々とベストセラーを刊行。
代表作「三毛猫ホームズ」シリーズ、「天使と悪魔」シリーズ、「鼠」シリーズ、『ふたり』『怪談人恋坂』『幽霊の径』『記念写真』他、著書多数。2006年、第9回日本ミステリー文学大賞受賞、16年、『東京零年』で第50回吉川英治文学賞を受賞。
執筆作は500作を超え、累計発行部数は3億を突破。メディア化された作品も数え切れない。

名探偵はひとりぼっち (角川文庫)のその他の作品

赤川次郎の作品

ツイートする