僕らの課外授業 (角川文庫 (5645))

著者 :
  • 角川書店
3.22
  • (3)
  • (3)
  • (29)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 124
感想 : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (244ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041497142

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 発売は1984年私がまだ小学校に入りたての頃
    本との出会いはそれから10年後、高校生になってから。。

    中学生や高校生でも読みやすい内容の4編の小説からなる1冊です。


    大和田倫子は中学3年生、反抗期の激しい時期、反発から酒と男に・・
    最後には自殺・・・
    東京駅に彼女の幽霊が出るという噂が立ち・・・

    社会が悪いのか、個々の考えによるものなのか・・




  • 表題作が中編で、他にいまいちな短編が三作。

  • 難しいことを考えずに読める作品。

  • 半分以上までが「僕らの課外授業」です。残りの3分の1で、短編が3つあります。

    短編の方は、Vコース,高三コース,中一コースに掲載した軽小説(ライトノベル)風の作品です。

    幽霊話かと思われるやや恐怖小説のにおいがしますが、
    怖いのは社会か、それとも思い込んだ個人かという感じでしょうか。

    赤川次郎らしい透明感のある登場人物が救いになります。

  • 大和田倫子は中三の難しい年頃。両親への反発から酒と男に溺れ、揚句に自殺。だが東京駅に彼女の幽霊が!? 容子と友也の中三コンビが、醜い大人たちに挑戦状をたたきつけた!!
    .。☆。.。☆。.。☆。.。☆。.。☆。.。☆。.。☆。.

  • ふーん

    気付けばこれも、赤川次郎。

  • 一時期はまりました

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

1948年福岡県生まれ。1976年に『幽霊列車』でオール讀物推理小説新人賞を受賞しデビュー。「四文字熟語」「三姉妹探偵団」「三毛猫ホームズ」など、多数の人気シリーズがある。クラシック音楽に造詣が深く、芝居、文楽、映画などの鑑賞も楽しみ。2006年、長年のミステリー界への貢献により、第9回二本ミステリー文学大賞を受賞。2016年、『東京零年』で第50回吉川英治文学賞を受賞。2017年に著作が600冊を突破した。

「2022年 『三姉妹、恋と罪の峡谷 三姉妹探偵団26』 で使われていた紹介文から引用しています。」

赤川次郎の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×