晴れ、ときどき殺人 (角川文庫 緑 497-15)

著者 :
  • KADOKAWA
3.07
  • (1)
  • (1)
  • (24)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 101
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041497159

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 北里加奈子の母親が亡くなった。
    お嬢様である加奈子宛に母親の浪子が残した遺言を見つけそこには今まで秘密にしていた内容が記されており・・・
    加奈子は、お嬢様育ちであるが、わがままを言うことなく人間的にも素晴らしい人物

    母親が亡くなった日、大きな事件が立て続けに起きる
    自宅で起きる殺人事件、殺人の容疑者が逃げ込む

    奇想天外の展開に読むそうはいつの間にかのめり込む。

  • '93.9読了。
    持っているものは表紙カバーがこれと違う。
    これも映画化されてたな、そういえば。

  • 嘘の証言をして無実の人を死に追いやった。だが、ごく身近な人の中に真犯人を見つけた-北里財閥の当主浪子は、十九歳の一人娘加奈子に衝撃的な手紙を残し急死。恐怖の殺人劇の幕開き!
    .。☆。.。☆。.。☆。.。☆。.。☆。.。☆。.。☆。.

  • 嘘の証言をして無実の人を死に追いやった。だが、ごく身近な人の中に真犯人を見つけた-北里財閥の当主浪子は、十九歳の一人娘加奈子に衝撃的な手紙を残し急死。恐怖の殺人劇の幕開き!

  • 北里加奈子19才、財閥の娘。無実の人を死に追いやってしまった母の遺言で近親者の中に真犯人がいることを知る。1つの部屋だけでのお話。かつて1回読んだのね。りんとした生き方のお母さんがすてき。'91

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1948年、福岡県生まれ。76年『幽霊列車』でオール讀物推理小説新人賞を受賞しデビュー。以後続々とベストセラーを刊行。「三毛猫ホームズ」シリーズ、「天使と悪魔」シリーズ、「鼠」シリーズ、『ふたり』『怪談人恋坂』『幽霊の径』『記念写真』他、著書多数。2006年、第9回日本ミステリー文学大賞受賞、16年、『東京零年』で第50回吉川英治文学賞を受賞。

「2022年 『三世代探偵団 春風にめざめて』 で使われていた紹介文から引用しています。」

赤川次郎の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×