いつか誰かが殺される (角川文庫 (5692))

著者 :
  • 角川書店
3.08
  • (1)
  • (1)
  • (23)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 68
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (262ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041497166

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 探偵に人探しを依頼する。
    母親の誕生日記念の賭けの対象として。
    これだけなら金持ちの道楽として許されるだろう。

    2人の鞄が入れ替わったことから起きる,事件。
    2つの事件に付随的にいろいろな事件が連鎖反応で起きる。

    「いつか誰かが殺される」のだが、一家は安泰。
    なにかやるせなさを残す,後味の悪い小説でした。

  • 大財閥永山家の屋敷には、女当主・志津の70回目の誕生日を祝うため、家族が続々と集まっていた。長男、次男、そして娘は夫を連れて。さらには娘婿の愛人、娘に恨みをもつ殺人犯、殺人犯を追う警部、警部を追う警部夫人までも。一堂に会した邸内で、毎年恒例の志津を祝う余興「今年の賭け」が始まった。それはいうなれば、殺人ゲームである―。ついに喧騒と狂乱、欲望と憎悪の宴の幕が開く。
    .。☆。.。☆。.。☆。.。☆。.。☆。.。☆。.。☆。.

  • 大財閥永山家の当主志津の七〇回目の誕生祝いのために家族一同が会した邸で【今年の賭け】が始まった。いうなれば殺人ゲーム…。喧噪と狂乱、欲望と憎悪の宴の幕が開く!

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

赤川 次郎(あかがわ じろう)
1948年、福岡県生まれ。76年『幽霊列車』でオール讀物推理小説新人賞を受賞しデビュー。以後続々とベストセラーを刊行。
代表作「三毛猫ホームズ」シリーズ、「天使と悪魔」シリーズ、「鼠」シリーズ、『ふたり』『怪談人恋坂』『幽霊の径』『記念写真』他、著書多数。2006年、第9回日本ミステリー文学大賞受賞、16年、『東京零年』で第50回吉川英治文学賞を受賞。
執筆作は500作を超え、累計発行部数は3億を突破。メディア化された作品も数え切れない。

いつか誰かが殺される (角川文庫 (5692))のその他の作品

赤川次郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする