探偵物語 (角川文庫 (5797))

著者 :
  • 角川書店
3.24
  • (1)
  • (4)
  • (15)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 47
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (266ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041497203

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 20年くらい前に読んだけど、この間映画をやってたので(まだ見てないけど)再読。

    初期赤川作品の名作……というには、他にもっと良い作品があるかなあ、という感じ。

    けどこのヒロインみたいな、自分に嘘がつけず、頭の回転が速く機転が利いて、悪いヤツをユーモアたっぷりに懲らしめるって、赤川ヒロインの定番だけど、勧善懲悪で気持ちいい!

  • 表紙がたまらん可愛さ。辻山さんと直美ちゃんかわいい。

  • (メモ:高等部1年のときに読了。)

  • さっくり読めるミステリー。

  • 辻山、四十三歳。探偵事務所勤務。だが…。クビが危くなってきた彼に入った仕事は--。物語はたった五日間。中年探偵とフレッシュな女子大生のコンビで贈る、書下しユーモアミステリー

  • ミステリー長編。

    主人公は40代初めの探偵。といっても、五年前に女房に捨てられ、仕事着はヨレ×2のスーツが夏・冬各一着のみというしがないサラリーマン探偵。今回の依頼はお嬢様女子大生の監視とボディーガード。・・・だったはずが、思いもよらない事件に巻き込まれる!!

    ラブ&ユーモアミステリー。こういうの好き。謎解き自体は大して難解じゃなくて、どちらかというとストーリーを楽しむもの。こういう方が好きかも。

  • 中年探偵と女子大生の物語。松田優作と
    薬師丸ひろ子の共演が、思い出されます

全7件中 1 - 7件を表示

探偵物語 (角川文庫 (5797))のその他の作品

赤川次郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする