招かれた女 (角川文庫 (5801))

著者 :
  • 角川書店
3.13
  • (1)
  • (4)
  • (17)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 75
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (298ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041497210

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 千街版”ミステリマストリード”から。先に読んだ”マリオネットの罠”はいまひとつだったけど、その推薦文の中で本書のことが触れられていて、『他に例を見ない後味の悪いエンディング』的内容紹介につられ、それは是非ってことで入手。相変わらず文章そのものに凄みはないし、会話の退屈さもまあこんなもん。で、大いに期待した後味の悪いエンディングも、”それだけ?”程度。アッちゅう間に読めるとはいえ、結末だけ教えてもらって『あ、そうなんだ』で済ました方が良かったかも。残念。

  • 女子中学生の死体が発見されたのが、始まり。

    相棒を失い、職をなくした元刑事が主人公かと思ったら
    3分の1ぐらいで視点切り替わり。
    すべてはあの事件が引っ張っているわけですが
    何せ記憶は薄れるもの。
    全員が、どうだっただろう? という状態です。

    やっと犯人が分かり、さぁ…という所で
    驚きと言うか、ありか!? という最後。
    しかしここまでくるのにあった、用意されたものは
    どこに活用されるのでしょう?
    この話が終わってから?
    それとも、もう日の目を見ない?
    最後に腕を組んで行かれた男性は?

  • 最初は宮本さんが主人公だと思って読んでいたのですが、途中でまさかの展開に・・・
    まずそこで驚いた!!

    それからどうなってしまうのかと思いきや、あれよあれよと人が死んで・・・

    このラストは中々です。なんとも後味悪い(笑)
    途中から真犯人についてはなんとなく分かってくるのですが、(主な登場人物がどんどん死んじゃうし)このラストはびっくりしました。

  • このころまでは、よかった(笑)。

  • 赤川次郎作品にしては複雑すぎるような気がした。

    殺人が複雑に入り組んでいて,
    誰が,誰を殺したかを書いておかないと忘れてします。

    終わりも余韻があって、その後がどうなったかが予測しづらい。
    作品として何がいいたいかは3度読むまでは分からないかもしれない。

    想定としては、主人公の視点で読むのだが、いったい誰が主人公なのだろう。
    旅行の行きと帰りで2度読むのによいかもしれない。

  • 裁かれた女の前編。
    こちらを先に読んでいれば、裁かれた女ももっと楽しめたかも。
    こちらの方が読み応えあり。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

赤川 次郎(あかがわ じろう)
1948年、福岡県生まれ。76年『幽霊列車』でオール讀物推理小説新人賞を受賞しデビュー。以後続々とベストセラーを刊行。
代表作「三毛猫ホームズ」シリーズ、「天使と悪魔」シリーズ、「鼠」シリーズ、『ふたり』『怪談人恋坂』『幽霊の径』『記念写真』他、著書多数。2006年、第9回日本ミステリー文学大賞受賞、16年、『東京零年』で第50回吉川英治文学賞を受賞。
執筆作は500作を超え、累計発行部数は3億を突破。メディア化された作品も数え切れない。

招かれた女 (角川文庫 (5801))のその他の作品

赤川次郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする