自殺行き往復切符 (角川文庫 (6050))

著者 :
  • 角川書店
3.16
  • (2)
  • (1)
  • (21)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 89
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (395ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041497265

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 赤川次郎にしてはめずらしい本格推理小説。
    残念ながら、赤川次郎にありがちな透明感のある主人公がいない。

    理想を追うのではなく、
    読者を意識した造りになっている。

    最後の終わり方も含みを持たせ、
    小説のようになっている。

    金持ち喧嘩せずというのはよくわかった。
    喧嘩はしないが,殺人はするらしい。

  • 女子大生・真鍋今日子は、恋人木村の甘い囁きを頼りに、自殺をほのめかす書き置きを残して失踪した。翌日、今日子のハンドバッグと靴だけが海辺の崖に……。警察の急報を受けた両親は現場へ向かうが、記憶を失った今日子らしい娘が海岸で発見される。一方、木村は新たに知りあった金持ち婦人を殺し、金と宝石を奪っていた。そして次々と起る殺人事件……。天才詐欺師がたくらむ甘い罠。長編ピカレスク・ロマン。
    .。☆。.。☆。.。☆。.。☆。.。☆。.。☆。.。☆。.

  • 赤川らしくはじまって赤川らしく展開し赤川らしくシメる。

  • 03/12/?<BR>
    家にあったから何となく読んでみた。
    やっぱり赤川さんはいいね。
    ?てところがないし、飽きない。
    次が気になってしょうがない。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

赤川 次郎(あかがわ じろう)
1948年、福岡県生まれ。76年『幽霊列車』でオール讀物推理小説新人賞を受賞しデビュー。以後続々とベストセラーを刊行。
代表作「三毛猫ホームズ」シリーズ、「天使と悪魔」シリーズ、「鼠」シリーズ、『ふたり』『怪談人恋坂』『幽霊の径』『記念写真』他、著書多数。2006年、第9回日本ミステリー文学大賞受賞、16年、『東京零年』で第50回吉川英治文学賞を受賞。
執筆作は500作を超え、累計発行部数は3億を突破。メディア化された作品も数え切れない。

自殺行き往復切符 (角川文庫 (6050))のその他の作品

赤川次郎の作品

ツイートする